ONE PIECE

ゾロが覇王色の覇気をもつ伏線の時系列!覚醒はいつからしていた?

ゾロの覇王色伏線

ワンピース第1010話「覇王色」にてゾロに覇王色の資質がある描写がありました。

ゾロの渾身の一撃、「”鬼気””九刀流”” 阿修羅””抜剣””亡者戯”」をカイドウに浴びせた時のカイドウのセリフに注目です。

・・・まさかお前も・・・”覇王色”を・・・!??

引用:ONE PIECE 第1010話「覇王色」

ゾロ本人は自覚をしていないようでしたが、これまでの経緯を振り返りながら、伏線を回収し、ゾロの資質を明らかにしていきます。

いつから伏線が張られていたのか!?覚醒はいつから?

これらについて考察していきます。

伏線やいつから覚醒していたかを知りたい人はチェック!

それではいきましょう!

覇王色の覇気とは?

覇王色の覇気とは

引用:ONE PIECE 45巻より

まずは覇王色の覇気をおさらいしておきましょう。

ワンピースの世界では”覇気”と呼ばれる力があります。

いわゆる「意志の力」とされ、目にみえない感覚を操る力です。

覇気は「武装色」、「見聞色」、「覇王色」の3種類が確認されています。

それぞれの能力は下記の通りです。

  • 武装色・・・肉体や武器を硬化する能力。

ロギア系能力者を実体でとらえることができる。

  • 見聞色・・・相手の”気配”をより強く感じる力。

これを高めれば、視界に入らない敵の位置や数を把握することができ、未来予測も可能になる。

  • 覇王色・・・王の素質のある者のみ習得できる力。

相手を威圧して気絶させることができる。

覇王色を纏わせることで、強力な力を発揮させる。

覇気は生まれつき身についている者から、鍛錬により身につける者がいます。

ルフィはレイリーとの修行の中で教わっていましたね。

「覇王色」の覇気は、数百万人に一人の割合しかもっておらず、唯一鍛えることができない力です。

覇王色の覇気はまとうことができる

ONE PIECE 第1010話「覇王色」にて、覇王色の覇気は体にまとわせることができることが判明しました。

ロジャーや白ひげ、おでん、カイドウ、ビッグマムの攻撃時、黒い雷のような描写がありますが、これが覇王色の覇気をまとわせた攻撃だったようです。

覇王色の覇気の資質をもつ者の中から、さらに一握りの強者のみ習得できるとされています。

ゾロの覇気はいつから覚醒していた?

ゾロの覇王色の覇気

引用:ONE PIECE 69巻より

ゾロが覇気を習得したのはいつからでしょうか?

アラバスタ編ダズ・ボーネス(Mr.1)戦にて開花

ゾロが無意識に覇気を使用した描写があります。

アラバスタにて、元王下七武海クロコダイル率いるバロックワークスのMr.1ことダズ・ボーネスとの戦闘シーンです。

ダズ・ボーネスはスパスパの実の能力者であり、全身刃物人間でした。

剣士であるゾロには金属を斬ることができない限り倒すことができない難敵でした。

ゾロの”豪剣”が一切通じず、瀕死状態まで追いつめられた時、覚醒します。

落石に埋もれたはずのゾロが立ち上がったシーンです。

この石を・・・避けた!?・・・違う

わかったんだ・・・石の落ちてこねェ場所が・・・

刀は・・・あの石の下にあるな

わかる・・・!!!

引用元:ONE PIECE 第195話「Mr.武士道」

戦闘の最中、師匠であるコウシロウの教えを思い出し、”呼吸”を知ることが鉄をも斬る力だと気づき、ダズに勝利します。

落石を無意識に避けたり、見えない位置にあった刀のある場所も分かったのは“見聞色”の覇気ですね。

呼吸を知り、スパスパの実の能力(鉄)を斬れたのは“武装色”の覇気だと思われます。

鷹の目のミホークの元で修行し覇気を習得

ミホークの元で2年間修行することで本格的に覇気を習得することになります。

特に武装色の覇気については、徹底的に叩きこまれた描写があります。

刀を折られた事はあるか?

”覇気”をまとえば同じ刀でも折れる事はなかった

刃毀れすら己の恥と思え

全ての刀剣は”黒刀”に成り得る

ーそれを体得するまで禁酒だ

引用元:ONE PIECE 第779話「最期のケンカ」

ドレスローザにて、ドンキホーテ海賊団最高幹部であるピーカとの対戦時、ゾロの武器が武装色により黒く硬化していましたね!

ただ、そもそも覇気を習得するのにミホークの元で習った・・・これだけでは寂しすぎません?

仮にも越えるべき世界一の剣豪に、プライドを捨てて頭を下げて学んだ2年間。

それが武装色だけでした!!なんてことありませんよね。

閉じた左目と傷が明らかな伏線としか考えられません。

ゾロの覇王色の資質の伏線描写

ゾロの覇王色

引用:ONE PIECE 第1010話「覇王色」より

過去の描写より、これって覇王色の資質なの!?と思われるシーンを紹介していきます。

CP9カクとの戦闘時で見えた覇王色の片鱗

ゾオン系悪魔の実”ウシウシの実”モデル・麒麟(ジラフ)の能力と六式を駆使したカクの攻撃に苦戦します。

途切れることのない猛襲に追いつめられそうになった瞬間に、ゾロから阿修羅のような気迫?が現れます。

恐怖を感じたカクは攻撃を止めてしまう描写がありました。

何じゃ・・・!!?今のは・・・!!!この男が一瞬

三面六手の鬼神に見えた!!!

引用元:ONE PIECE 第417話「阿修羅」

この相手が萎縮してしまうような鬼の気迫も覇王色の片鱗だったのではないでしょうか。

モネとの戦闘時で覇王色の資質がより具現化

パンクハザードにて、シーザーたちに拘束されていた子供たちを研究所から逃がすため、モネと対決した時の描写です。

強い気迫と併せて”大震撼”という技でモネを一刀両断したゾロ。

モネは自然(ロギア)系悪魔の実「ヒエヒエの実」の能力者のため、覇気を伴った攻撃しか効きません。

ゾロは女性を斬らないというポリシーがあり、”覇気なし”で斬り伏せたのですが、モネはゾロに対する圧倒的な恐怖により体の自由が利かなくなってしまいました。

崩れるモネを見たたしぎのセリフに注目です。

体の自由が利かないんだ・・・!!

覇気を使われてたら死んでいた事実と・・・圧倒的な強者への「恐怖」で!!!

こんな勝ち方があるの・・・!?

引用元:ONE PIECE 第687話「猛獣」

武装色の覇気は使わないようコントロールしても、本来もつ覇王色の資質から相手への威圧がもたらした結果のように思われますよね。

横綱浦島がゾロに怯む

ワノ国にて、相撲では国内No.1である横綱浦島がお菊に言い寄った際、近くにいたゾロの”妙な気迫”で身を引いたという描写がありました。

あの浪人の妙な気迫で身を引いたがお菊は何としてもおれの妻にしたいっぺ

引用元:ONE PIECE 第915話「博羅町」

このちょっとしたエピソードもあえて描いているところが何か意味がありそうですよね。

戦闘には自信のある強者も思わず身を引いてしまうほどの気迫というのも覇王色の資質がでているように思えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

傍からみても「なんであれで船長じゃないんだ!?」と思わせるほどリーダーシップと強さを併せ持つゾロ。

海賊王であったロジャーの相棒、レイリーも覇王色の覇気をもつように、未来の海賊王であろうルフィの相棒のゾロも覇王色の資質があるのはすごく納得できます。

これまでの経緯とカイドウの言葉から、ゾロに覇王色の資質がある可能性はとても高いです。

今は無意識のようですが、今後ゾロも覇王色の覇気をコントロールできるようになれば、夢である世界一の大剣豪へ一歩近づけるのではないでしょうか!

今後のゾロの活躍を楽しみにしていきましょう♪