アンデッドアンラック

【アンデッドアンラック】バニーの能力は不返却の否定者?徹底解説

週刊少年ジャンプにて大人気連載中のマンガ、「アンデッドアンラック(アンデラ)」。

主人公たちに敵対する組織、「アンダー」に所属するキャラクターの一人が、「バニー(バックス)」です。

その見た目から、アンデラを知らない方は、「弱そうだけど、実は強いの?」と思われるかもしれません。

そこで今回は、バニーのプロフィールや能力について解説したいと思います!

【アンデッドアンラック】バニーとは?


まずは、バニーのプロフィールなどを紹介します(なお、年齢~特技は単行本7巻に記載のプロフィールであり、本人が各項目に答えるスタイルを取っているため、以下のような表記になっています)。

プロフィール

名前 バックス
所属 アンダー(UNDER)
席次 X(10)
年齢 えっとねえ…わっかんないのら!
身長 1めーとるくらいなのら お耳までだと1めーとるにじゅーってねーたま言ってたのら
体重 レディに聞いたらめっ!なのらよ!
趣味 ラトラねーたまへ近づく為に日々努力してるのらよ 髪もねーたまみたいでしょ!
特技 リップゥとねーたまのケンカを止めるのはバニーの仕事なのら!
能力 不返却?

見た目はウサギのきぐるみを着た少女で、アンダーのエンブレムである「逆さ不」があるのは腹の部分。

きぐるみの耳の部分は腕のように器用に動かすことができ、物を持ったり何かにしがみついたりするときは、自分の短い手足ではなく耳を使うことが多いです。

プロフィールを見て分かる通り、語尾に「なのら」がつくのが口癖で、敵対するユニオンの風子とも仲が良いほど、子供らしく友好的なところが特徴。

髪の毛はバニーがリップに頼んでラトラのように切りそろえてもらっていますが、リップは「不治」の否定者のため、髪がそれ以上伸びないとのこと。

名前の由来

名前の由来は、有名なアニメ「バッグス・バニー」だと思われます。

「バックス」という名前はかわいくないと感じているようで、「バニー」と呼ぶようにリップに求める場面も。

アンダーに所属する理由

ビリーやリップ、クリードなど、アンダーの他のメンバーはそれぞれ目的があり、利害の一致をもって行動を共にしています。

しかし、バニーがアンダーに所属する理由は、まだ明らかになっていません。

一部のファンの間では、ウサギは月のモチーフであり、「神=太陽」に対抗するための刺客では?という考察もされているようです。

【アンデッドアンラック】バニーの能力は?


続いて、バニーの否定能力について解説したいと思います。

能力は不返却?

バニーが何の否定者かはまだ名言されていませんが、アンダーに所属していることから、何からの否定者であることは確かです。

これまでに確認されている、彼女の能力の特徴は以下です。

拘束系の否定能力者である。

きぐるみの耳などに触れた対象物を取り込み、球体状に閉じ込める。

本人曰く、「何かで包んだら外に出せなくなるのら!

ファンの間では、その能力の特徴や、「バックス」という名前から、「不返却(UNBACK)」の否定者では?という考察が主流のようです。

能力の対象

否定能力は大まかに、「自対象か他対象か」「強制発動型か任意発動型か」という区分で分けられます。

バニーに関しては、こちらも明言はされていませんが、作中描写から恐らく、「他対象、任意発動型」と言えるでしょう。

ただ、後述する通り、本当に任意発動型かどうかはまだ分かりません。

能力の発動条件

こちらも明らかになっておらず、本人曰く、「バニーもよくわっかんないのら!」とのこと。

きぐるみの耳部分などで、対象に触れる(包み込む)ことが条件になっていそうです。

能力の弱点

明確な弱点もまだ不明ですが、考えられるものの一つが、「条件を満たすと強制的に発動してしまう」ということです。

その理由が、彼女の着ているきぐるみ。

「ピキリエンタポーレス」と呼ばれるこのきぐるみは、「着たら絶対に脱げない」と言われていますが、その効果が「きぐるみそのものによるもの」なのか、「バニーの能力によるもの」なのか、まだ分かっていません。

もし後者であれば、バニーの能力に何らかの制限(弱点)があると言えるでしょう。

まとめ

バニーのプロフィールや能力について解説してみましたが、いかがでしたか?

まだまだ謎も多いキャラクターなので、これから掘り下げられる可能性が高いですね。

新章に入り、ますます盛り上がっている「アンデッドアンラック(アンデラ)」を、今後も要チェックです!