葬送のフリーレン

葬送のフリーレンのあらすじ紹介!面白い・泣ける理由とシーンを解説

葬送のフリーレンあらすじ

今回紹介していくのは「葬送のフリーレン」です。

口コミでは評判の漫画ですが、はたして本当に面白いのか?

まず、この漫画は戦闘系なのか?ほのぼの系なのか?

ちょっとしたあらすじや表紙を見てもわからないでしょう。

最新刊まで読んだ私が一言で表すと・・・

まったり冒険ギャグ感動系アニメ

無理やり詰め込みすぎましたね。

それではここから、一言では表しきれなかった葬送のフリーレンのあらすじや面白シーン、感動シーンも含めて紹介していきたいと思います!

葬送のフリーレンのあらすじ

葬送のフリーレンとはどういう物語なのか?

話題になったのはなぜか?

※ここからはネタバレになるので注意です。

あらすじ【ネタバレ注意】

この物語は長年生き続けるエルフであるフリーレンを中心にして描かれています。

物語の幕開けは勇者ヒンメル、戦士アイゼン、僧侶ハイター、魔法使いフリーレンが魔王を打倒したところからスタートします。

勇者一行の10年にも及ぶ冒険は終わり、それぞれの道へ旅立ち50年。

もう一度再開する機会がありますが、フリーレン以外は年老いていました。

10年も、50年もエルフにとっては一瞬の出来事であり、フリーレンにとっては魔王を倒す冒険もその中の1つであると思っていました。

しかし、勇者ヒンメルの死により、彼女はもっと人間を知ろうと思い始めます。

彼らとの10年がフリーレンの生き方を変えたのです。

勇者ヒンメルの死から20年後。

フリーレンは一人で旅をしていましたが、ハイターの弟子であるフェルンとアイゼンの弟子であるシュタルクと出会い、一緒に旅をすることになります。

最初は目的のない魔法の収集をしていくだけの旅ですが、色々な人との出会い、そして別れから「魂の眠る地オレオール」を目指していく旅に出るのでした。

受賞した賞を紹介!

葬送のフリーレンは「マンガ大賞2021」で1位に選ばれました。

参考として二次選考ノミネート作品を以下に紹介します。

  • 葬送のフリーレン」山田鐘人・アベツカサ
  • 【推しの子】」赤坂アカ・横槍メンゴ
  • チ。ー地球の運動についてー」魚豊
  • SPY✕FAMILY」遠藤達哉
  • 水は海に向かって流れる」但馬列島
  • メタモルフォーゼの縁側」鶴谷香央理
  • 怪獣8号」松本直也
  • 九龍ジェネリックロマンス」眉月じゅん
  • 女の園の星」和山やま
  • カラオケ行こ!」和山やま

この中での1位ほんとにすごい!

そして連載から1年も経たずして、「このマンがすごい!2021」のオトコ編で2位に選ばれました。

それから、なんとなんと、「全国書店員が選んだおすすめコミック2021」でも2位を受賞。

このまま行くと、「次にくるマンガ大賞2021」でも確実に受賞しますね。

他にも作画担当のアベツカサさんは『MEET UP』で「第82回小学館新人コミック大賞」で佳作を受賞しています。

葬送のフリーレンの面白い・泣ける理由は?

引用元:葬送のフリーレン

不思議な感覚になるこの漫画。

どの様なところに、この漫画の面白さが隠れているのか?

ポイントその①:人間とエルフの違いすぎる時間感覚

エルフの10年と人間の10年の差。

この時間のズレこそが、この漫画の面白さの核となる部分でしょう。

勇者一行は魔王を倒したあと解散することになりますが、その時の冒険をヒンメルは「10年もの間」と行ったのに対して、「10年しか」と言うフリーレンには違和感を感じます。

フリーレンの旅の途中でも街の滞在期間が数十年単位なので、いつも人間であるフェルンに叱られています。

この時間のズレが物語を複雑にし、面白くしていると言っても過言ではありません。

また、そこから悲しみも生まれますが・・・

ポイントその②:フリーレンを変えていく旧友の死

エルフであるフリーレンは長生きであるため、多くの人の死を経験します。

その中でも一番印象的なのが勇者ヒンメルの死です。

ヒンメルの死は彼女に人間を知ることの大事さを教えてくれました。

フリーレンは普段は無関心であまり感情を表に出しませんが、ヒンメルの葬式では涙を流します。

1000年以上生きることのできるフリーレンにしか味わえない感情を体験できてしまいます。

旧友の死、年老いていく知人、忘れ去られていく過去の功績。

長過ぎる寿命も考えものですね。

ポイントその③:セリフが無いコマ

セリフがないなんて今どきよくあるよって?

いえいえ、葬送のフリーレンでは冒険中や修行中はほとんどセリフがなく、絵だけで表現されています。

引用元:葬送のフリーレン

絵だけで表現できるってすごいですよね。

セリフが少ないことによって言葉一つ一つの重みが増し、心に刺さるようになっているように感じます。

ポイントその④:感動あり!笑いあり!戦闘あり!

ここまでは感動する物語中心で紹介してきましたが、ギャグ要素も多く、戦闘シーンもかっこいいのです。

なんと言っても、普段のフリーレンは子供っぽい。

朝が弱く、面倒事は避けて通ろうとします。

いつも弟子であるフェルンに叱られたり、ツッコまれたり・・・

しかし、戦闘時には驚くべき強さを発揮します。

それに加えて、敵には無慈悲。

そのギャップがとてもかっこいいのです!

葬送のフリーレンの最新刊は?

葬送のフリーレンは現在、週刊少年サンデーにて連載中です。

単行本では全4巻。

次巻となる5巻は2021年7月16日に発売予定です。

まだ連載してから時間が経っていないので、今のうちからチェックしてみるのもありかも!

ファンタジー系が苦手な方でも面白く読むことができるので、次に来る漫画として友達にも紹介できますね。

「まだ、単行本を買うのはちょっと・・・」と思う方。

U-NEXTでは31日間無料体験を行っています。

初回登録時にもらえる600Pを使用すれば、「葬送のフリーレン」が1巻無料で読むことができますよ。

無料体験中に解約で料金は一切かからず読むことができますので、是非この機会に読んでみて下さい♪

\U-NEXTは31日間無料体験実施中/

無料期間中に解約OK!

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

「面白い、面白いけれど、心が締め付けられる・・・」

これが読み終わったあとの私の感想です。

言葉や表情、一つ一つが意味を持っているようで一コマも見逃しきれませんでした。

あらすじだけでは伝わりきれない漫画だと思うので、少しでもいいなと感じた方は手にとって読んでみてください♪

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。