呪術廻戦

【呪術廻戦】乙骨と里香の関係は?純愛が起こした悲しい過去を解説!

呪術廻戦乙骨里香関係

その呪力量・無条件の術式コピーなど総合的な強さを評価され特急呪術師乙骨憂太

その乙骨は呪術高専東京校に入学した当時彼は怨霊・里香に憑りつかれていました。

この2人はどんな関係だったのでしょうか?

今回はそんな乙骨と怨霊・里香の関係性について細かく解説していきます!

【呪術廻戦】里香とは?

引用元:呪術廻戦/集英社

呪術高専東京校の2年生であり、現在特級術師の乙骨憂太に憑りついてる特級過呪怨霊が里香になります。

乙骨が呪術高専に入学した当初里香の凶暴さから白い目で見られる場面が多々ありました。

呪術界上層部では乙骨をどう処理するか、同級生(禪院真希・狗巻棘・パンダ)やその担任五条悟は呪われている乙骨からどう里香を祓うかといったことを考えていました!

どちら側も里香が特級過呪怨霊という危険な存在として認識していました。

(いつどこで事件を起こすかわからないので五条が高専内でかくまっていた。)

祈本里香(おりもとりか)とは?

引用元:呪術廻戦/集英社

作中に登場する特級過呪怨霊里香(本名:祈本里香)はもともと呪霊などではなく、一般的などこにでもいる女の子でした!

乙骨とは小学校入学前に肺炎で入院した時に偶然居合わせ出会うことになります!

彼女は父母ともにそばにおらず(母は他界、父は行方不明)、祖母のもとに引き取られます。

彼女を引き取った祖母は両親がいない原因は祈本里香にあると考え、虐待のような仕打ちをしていたそうです(公式ファンブック内で祖母が嫌いと明言されていた)。

そんな暗い生活を送っていた彼女ですが、乙骨とは大変仲が良く将来結婚する約束まで取り付けていました!

しかし祈本里香が11歳の時車に頭を引かれてしまい若いまま命を落としてしまいます・・・

唯一心を許していた人物を失くしてしまう悲しさは計り知れませんね・・・

【呪術廻戦】乙骨と里香の関係は?

引用元:呪術廻戦/集英社

乙骨とは結婚を取り付けるほど愛しており、このことが原因で事故で死亡した後も乙骨への執着心から怨霊としてこの世にとどまったと作中では推測されていました。

また乙骨自身も里香のことを忘れることができず引きずっているため両想いであり、事故の瞬間がトラウマとなり意思疎通がまともにできず学校内でいじめられてしまいます。

怨霊としてこの世とどまっている里香もそんな乙骨がいじめられている姿を黙って見ているわけでもなく、その相手を重体になるまで危害を加えるなどその存在は恐れられるものとなります。

そんな里香を乙骨自身も制御できないため極力人との関わりを持たないように自身の家族とも疎遠になってしまいます!

乙骨を思う行動が逆に彼を傷つけてしまったんですね・・・

【呪術廻戦】乙骨と里香の最期は?

引用元:呪術廻戦/集英社

里香はどんな呪霊であってもほぼ一撃で祓うことができるほどの実力を有しています。

その強さを目のあたりにした当事謀反者として指名手配されている夏油傑に目をつけられてしまいます!

そんな夏油は新宿・京都に呪霊を放ち、呪術師の注意をそちらに引き付けその間に乙骨を殺し里香を自身の呪霊躁術で取り込む計画を決行します!

最初こそ呪霊躁術の手数の多さや夏油自身の実力の高さに圧倒される乙骨ですが、里香と縛りの上で協力することにより夏油の撃退に成功!

自身の身や心を捧げることにより力を貸す縛りを成立させた乙骨は闘いが終わった後里香に自分を自由にしていいと伝えます。

しかし次の場面で里香の姿は事故当時11歳の姿に戻ります。

実は里香の乙骨への執着心により現世にとどまっていたのではなく、乙骨自身が里香の死を受け入れず拒んだことで呪いが発生し怨霊になったことが明らかになりました!

その後呪いが解消された里香は乙骨にお礼を伝え成仏していきます。

その後登場したリカとは?

引用元:呪術廻戦/集英社

呪術廻戦第0巻以降、回想以外に乙骨が登場することはありませんでした。

しかし、137話にて海外から東京に戻ってきた乙骨の姿が描かれていました!

呪霊に襲われている子どもを助けた乙骨ですが、その背後には呪霊がおりその呪霊のことを乙骨はリカと呼んでいました

0巻で成仏したはずの里香が現在においても存在しているという矛盾が生じているわけですが、なぜそのようなことが起こっているのか以下に予想を立ててみました!

予想1:乙骨が顕現した式神をリカと呼んでいる。
予想2:他の呪霊を従え、リカと呼んでいる。
予想3:成仏した里香を現世に戻してきた。

私的には予想1が妥当かと考えております!

ですが実際のところ何も言及はされていないため今後本誌で要チェックですね♪♪

まとめ

今回解説した乙骨と里香について以下にまとめてみました!

乙骨・里香 まとめ

・乙骨と祈本里香は幼馴染であり、将来結婚も約束していた!
・11歳の頃に祈本里香は交通事故にあい死亡してしまう!
・折本里香の死を受け入れられない乙骨は死んだ彼女に呪いをかけてしまう!
・縛りにより呪いが解けた里香は乙骨にお礼を言いこの世を去ってしまう!
・137話にて登場したリカは里香と別の怨霊の可能性が高い!

まだ確定した情報がないため、考察をしながら本誌を見るのもなかなか楽しいのでお勧めです!

以上乙骨と里香に関する解説でした!

ありがとうございました!