呪術廻戦

【呪術廻戦】乙骨憂太の能力と現在の強さは?里香との関係について解説

呪術廻戦乙骨解説

今話題の「呪術廻戦」の乙骨憂太について解説します。

乙骨憂太はコミック「呪術廻戦」0に主人公として登場してきます。

0巻の内容の「重すぎる愛」が原因で一部に濃いファンがついている彼ですが、年齢身長や声優などの設定も気になりますよね?

特級呪術師の4人のうちのひとりということでどのくらい強いのか?

また特級呪術師の強さを持っている乙骨憂太の術式や領域展開についても気になるところです。

一度折本里香を解呪し、4級へ降格した彼の現在の強さについても解説します!

そして、虎杖戦で再度登場した「リカちゃん」とは一体何者・・・?

映画公開前に呪術廻戦0の主人公、乙骨憂太の詳しい年齢・身長などのプロフィールや、強さ、術式、領域展開について分かりやすく紹介していきたいと思います!

声優についても大予想♪

さらに、謎の呪霊(?)リカちゃんや現在の強さも徹底解説します!

【呪術廻戦】乙骨憂太とは?

名前 乙骨憂太
年齢 17歳
生年月日 2001年3月7日
身長 約180cm
呪術師ランク 特級呪術師
所属 東京都立呪術高等専門学校2年
先祖 菅原道真(日本三大怨霊)

乙骨憂太は、年齢17歳の東京都立呪術高等専門学校2年生です。

虎杖悠仁と同じく途中から編入してきました。

編入理由は、乙骨憂太に憑いている特級過呪怨霊による事件で自ら望んで秘匿死刑とされる予定でした。

しかし、五条悟が「その力で人を救うこともできる」と乙骨を助け、東京都立呪術高等専門学校に編入になりました。

身長は約180cmで、猫背っぽくて小さく見えますが意外と大きいですね!

一般家系の出身ですが先祖が日本三大怨霊のひとり「菅原道真」であることが判明しています。

五条悟とは遠い親戚にあたるようですよ。

呪術師ランクは呪術界で4人しかいない特級呪術師です。

高校生で特級呪術師になのは乙骨憂太だけなので、相当強いことが分かりますね!

【呪術廻戦】乙骨憂太の能力

次に乙骨憂太の術式について紹介します。

乙骨憂太の術式は「無制限の術式模倣」です!

「無制限の術式模倣」とは、あらゆる術式を無限に模倣=コピーしてしまうという技です。

ふつう、術式というものは生まれ持っての才能のようなものなので自分で選ぶことが出来ません。

そんな術式を模倣(コピー)してしまうのですから特級呪術師にまでなれる強さを持っているのも頷けますね!

「無制限の術式模倣」を使用した戦い

乙骨憂太が「無制限の術式模倣」を使用したのは、呪詛師の夏油傑との闘いです。

夏油傑は過去には五条悟の親友で共に任務をした仲ですが、闇落ちして呪詛師となってしまいました。

夏油傑は乙骨憂太同様、特級呪術師なので相当の強さを持っています。

「呪術師だけの世界を作る」という目標を掲げ、乙骨憂太に憑いている特級過呪怨霊の力を狙っており、12月24日に新宿・京都に百鬼夜行(呪術テロ)を行いました。

その百鬼夜行(呪術テロ)で乙骨憂太の同級生である、禪院真紀・パンダ・狗巻棘が夏油傑の手によって瀕死状態に。

そこで怒り狂った乙骨憂太が術式模倣を使い反転術式で禪院真紀・パンダ・狗巻棘を治療します。(五条悟でも他者を治療する反転術式はできない)

そして、夏油傑との闘いでも乙骨憂太に憑いている特級過呪怨霊と共に戦い、乙骨憂太自身を身代わりにして「無制限の術式模倣」を使用し、特級呪術師級の夏油傑を倒します!

乙骨憂太は領域展開できる?

乙骨憂太は今のところ領域展開はできませんが相当な強さをもっているので今後使えるようになるのでは?!と皆さん予想されているようです。

 

領域展開が使えない今でも特級呪術師になれるまでの強さを持っているのに、今後領域展開が出来るようになったら誰も手が付けられないほど強くなりそうですよね!

今後の展開に注目です。

【呪術廻戦】乙骨憂太と里香の関係

次に乙骨憂太に憑いている特級過呪怨霊の正体について紹介します。

乙骨憂太に憑いている特級過呪怨霊は、乙骨憂太の幼馴染であり幼い頃の許嫁である「折本里香」です。

乙骨憂太と折本里香は幼い頃から一緒で結婚の約束をした仲でした。

そんな折本里香が11歳の若さで交通事故により亡くなってしまいます。

その後、乙骨憂太に取り憑き特級過呪怨霊と化するのです。

しかし、後に折本里香が乙骨憂太に呪いをかけていたのではなく、乙骨憂太が折本里香の死を受け入れることが出来ず、その想いが呪となり折本里香を特級過呪怨霊にしてしまったという事が判明。

特級過呪怨霊となった原因が分かったので無事、折本里香を成仏させることが出来ました。

誰でも最愛の人の死を受け入れることは難しく悲しいものなので、呪となってしまった乙骨憂太の気持ちが分かりますよね・・・。

折本里香とリカの違い

次に折本里香とリカの違いについて紹介します。

はっきり言うと、現時点で公式からはっきりと明言されていないので謎に包まれています。

呪術廻戦0では折本里香は最後、特級過呪怨霊から元の姿にもどって成仏します。

その後、137話で乙骨憂太が再登場した際に「リカちゃん」と言っているわけですが、折本里香は成仏したんじゃないの?と疑問が生まれましたよね。

いろいろな予想がされていますが、刀に折本里香の呪力を移し戦っていた乙骨憂太は、折本里香が成仏後も戦闘スタイルが変わってないのでそこにヒントが隠れているのかもしれないですね。

今後、折本里香とリカの違いが分かると思うので楽しみにしておきましょう!

【呪術廻戦】乙骨憂太の現在の強さは?

0巻主人公、後半からもかなり重要な立ち位置にいることがわかる乙骨ですが、どのくらいの強さなのでしょうか?

0巻での階級は「特級」でしたが、折本里香の解呪により4級へ降格しました。

柔らかな物腰ですが、目の奥が真っ黒でなにを企んでいるのかよくわからないですよね。

結論からいうと乙骨は「超強い」です。

何故なら、現在はまた「特級」に返り咲いたから!

折本里香の強さを借りずに完全なる実力です。

乙骨の強さがわかるエピソードを紹介します。

乙骨は五条悟に並ぶ術師になる可能性

乙骨は、4人しかいない特級術師の1人です。

それだけでも相当強いとわかると思いますが、あの最強五条悟が「いずれ僕に並ぶ術師になる」としています。

五条悟の強さは皆さん知っているところと思いますが、そこに並ぶと言われると相当なポテンシャルがあることがわかります。

さらに、渋谷事変の前にも、五条は日本にいる他の術師を差し置いて海外にいる乙骨に「自分になにかあったら虎杖達を頼む」と頼っていました。

五条がそれだけ期待し、頼っているということは相当の強さであることがわかりますね。

まとめ

呪術廻戦0の主人公で高校生ながらに特級術師の乙骨憂太の強さや術式、領域展開について紹介しました。

先祖が「菅原道真(日本三大怨霊)」だったり、亡くなった幼馴染が特級過呪怨霊として取り憑いていたり強さの理由がたくさんありましたね!

しかし、本編ではまだ登場が少なく現在の乙骨憂太がどうなっているのかがわからないので今後の展開が楽しみです。

そして、公開予定の劇場版・呪術廻戦にも乙骨憂太が登場してくるので注目です!