呪術廻戦

【呪術廻戦】七海健人の術式を徹底解説!かっこいい名言もまとめてみた

呪術廻戦七海健人解説

『呪術廻戦』の魅力的なキャラ達の中でも、人気が高い七海健人。

スーツ姿にメガネでまさに「デキる大人」な外見、脱サラ呪術師という異色の経歴を持っています。

術式は七海のきっちりとした性格に合ったカッコイイ技ですよ♪

常に冷静沈着な性格ですが、人情深い一面も持つ七海。

名言も心に残りますよね。

そのギャップと強さ、大人の魅力にハマってしまったのは私だけじゃないはず!

ナナミンの愛称で親しまれる彼の年齢や身長・誕生日・声優までご紹介します。

さらに、領域展開は可能なのか?など術式についても解説。

今回は、『呪術廻戦』七海健人の年齢や身長、術式・領域展開や名言、声優まで詳しく紹介していきます。

【呪術廻戦】七海健人の年齢・身長・誕生日を紹介

七海健人のプロフィール

  • 身長/184cm
  • 年齢/27歳
  • 誕生日/7月3日
  • 階級/1級術師
  • 前職/証券会社のサラリーマン
  • 好きな食べ物/パン、アヒージョ

七海健人は呪術高専OBの1級術師。

五条悟の1年後輩です。

なぜ一度サラリーマンになったのでしょう?

在学中、共同で任務にあたった級友・灰原が命を落とします。

相手は2級呪霊と聞いていた任務でしたが、実際は1級相当の呪霊だった為、上層部の采配に疑念を抱いた七海健人。

さらに、先輩である夏油傑(げとうすぐる)が呪詛師になったことで「呪術師はクソ」と考える様に。

卒業後は呪術師ではなく、証券会社に就職。

仕事にやりがいも感じられず、お金のためだけに働き疲弊した毎日を送っていました。

ある日行きつけのパン屋さんで店員の女の子に低級呪霊が憑いていることに気づき、一瞬で祓う七海健人。

店員さんから「ありがとうー!また来てくださいね!」と感謝されます。

振り向きもせず立ち去る七海ですが人を助ける「やりがい」を実感。

再び呪術師として生きることを決意します。

常に冷静で口調は厳しい七海健人。

様々な背景や温かい人柄が垣間見え、そのギャップがたまりません!

【呪術廻戦】七海健人の術式は「十劃術法(とおかつじゅほう)」

七海健人の術式「十劃呪法(とおかつじゅほう)」とは?

攻撃の対象を7:3で線分したポイントを強制的に弱点にするというもの。

対象の全体だけでなく腕や足などのパーツや、生き物ではない物体にも有効。

クリティカルヒットは自分より格上の相手にもダメージを与えることができます。

戦闘では呪符で巻かれた大きな鉈を使用。

拡張術式「瓦落瓦落(がらがら)」

対象を破壊した上で呪力を込める術式。

作中では真人との初戦で追い込まれた際も、地下水路の壁を殴って破壊。

瓦礫に呪力を込めることで逃げ切りに成功します。

「縛り」を解くことで強くなる

七海健人の術式には2つの「縛り」があり、それらを解くことでより強くなります。

その縛りとは

  • 相手に自分の能力を開示すること
  • 任務中8時間は呪力を制限

そのため、定時を過ぎ「時間外労働」になると呪力が増大します。

元サラリーマンの七海健人らしい能力ですよね。

【呪術廻戦】七海健人は領域展開できない

七海健人は領域展開できません

黒閃の連続記録を持つほどの強さを持つ七海。

領域展開できなかった伏黒恵も覚醒し使える様になったので、いずれは七海の領域展開が見れる日を楽しみにしていたのですが・・・。

残念ながら、作中では渋谷事変で命を落としてしまう七海健人。

もし生きていたら、今後使えるようになったのでは・・・と考えてしまいます。

【呪術廻戦】七海健人のかっこいい名言を紹介

七海健人は様々な経験をしてきたからこそ、沢山の名言があります。

大人でかっこいい、唯一無二の名言を紹介!

「呪術師はクソ、労働はクソ」

七海健人の魅力は何といっても、クールで現実的なところ。

「労働はクソ」の発言は毒舌に感じますが、多くの人が日々働かなければ生きていけない現実社会・・・。

思わず共感した人も多いのでは?

虎杖に脱サラした理由を聞かれ「同じクソでもより適正のある方を」と話す七海。

やりがいを感じ再び呪術師になったことを知ると、より深みのある発言です。

「事実に即し己を律するそれが私です」

五条に頼まれ、引率した虎杖に対しての発言。

「褒めも貶しもしませんよ。事実に即し己を律する、それが私です」と常に冷静沈着に見える七海健人。

真人戦では「仕事に私情は持ち込まない。」と言いながらも、姿を変えられ操られた人間の涙を拭う場面も。

感情を表に出さずとも人や仲間に対する思いやりや、非道な呪霊を容赦なく叩きのめす七海。

クールな発言と人情味のギャップがたまらなくかっこいい!

「私には君を自分より優先する義務があります」

高専生であっても呪術師として死と隣り合わせで闘う『呪術廻戦』。

七海健人と虎杖が任務を共にした際「私は大人であなたは子供。私には君を自分より優先する義務があります。」とより危険度の低い現場へ向かわせます。

虎杖は子ども扱いされ不服そうな場面もありましたが、大人は未来ある若者を守るものと考えている七海。

言い方はドライでしたが、さりげなく虎杖を想う気持ちが現れています。

「小さな絶望の積み重ねが人を大人にするのです」

こちらも虎杖に対しての発言。

「君はいくつか死線を超えてきた。でもそれで大人になったわけじゃない」

枕元の抜け毛が増えていたり、お気に入りの惣菜パンがコンビニから姿を消したり、そんな小さな積み重ねが人を大人にするのです。」

人間を操る真人と闘うことで、人間を殺させたくない。

「子供であることは罪ではない。」

今だからこそ出来ることがあると虎杖に伝えている様に思えます。

「悔いはない」

七海健人は作中、真人の領域展開に取り込まれ一度は死を覚悟します。

人を助けることにやりがいを見出し、呪術師界に戻った七海。

これまで助けてきた人を思い浮かべ「それ(感謝)はもう大勢の人に頂きました。悔いはない。」と、その表情は晴れやかでした。

その直後、領域に入ってきた虎杖と宿儺の力に助け出されます。

「虎杖くんはもう呪術師なんですから」

出会った当初は虎杖を子供扱いし「あなたを呪術師として認めていない」と話していた七海。

共に行動する中で、友人である順平を想う気持ちや、自分を助け真人にも怯まず戦う虎杖のことを呪術師として認める様になっていきます。

「今日君がいなければ私が死んでいた様に、君を必要とする人がこれから大勢現れる。」

厳しい様でいて、きちんと存在意義を認め言葉にして伝える七海。

こんな上司がいて欲しい!

「後は頼みます」

渋谷事変では、特級呪霊である陀良(だごん)や漏瑚(じょうご)との連戦を重ね、呪霊を払い続ける七海。

左目を損傷し全身を焼かれ、ボロボロな状態でさらに真人と対峙することに。

駆けつけた虎杖に「後は頼みます」と笑顔で言い残します。

その直後、真人の術式で命を落とす七海健人。

虎杖に多くのことを教え、導いてくれた七海の最期・・・。

この名言は良くも悪くも、心に刻まれたのではないでしょうか。

【呪術廻戦】七海健人の声優は?

七海健人の声は、大人っぽい低音ボイスでキャラにぴったりですよね!

担当している声優は津田健次郎さんです。

その他の出演作品はこちら。

  • 「遊戯王」海馬瀬人
  • 「炎炎ノ消防隊」ジョーカー
  • 「薄桜鬼」風間千景
  • 「ゴールデンカムイ」尾形百之助 
  • 「僕のヒーローアカデミア」治崎廻

まとめ

いかがでしたか?

七海健人の性格や術式、担当声優について紹介しました。

原作では渋谷事変の闘いで亡くなってしまう七海健人。

正直生きてて欲しかった!という気持ちでいっぱいですが・・・。

原作も大人気の『呪術廻戦』ですが、今後はアニメ2クール目がスタート!

2021年冬には劇場版「呪術廻戦0」も上映予定です。

七海健人の活躍がアニメではどう描かれるのか。

これから楽しみです!