ディズニー

モアナの伝説の海・マウイや島のモデルとは?

『モアナと伝説の海』は美しいハワイの海と島、その海に選ばれ愛された少女モアナが、世界を救う冒険の旅に出るファンタジー・アドベンチャーです。

モアナは、伝説の英雄マウイと共に、さまざまな試練に立ち向かっていきます。

モアナと一緒に旅をするこの英雄マウイは一体どんな人?モデルはいるの

モアナの住む島々は本当にあるの

今回は『モアナと伝説の海』のなぜ?を調べていきます!

モアナと伝説の海・マウイのモデルは?

豊かな自然に恵まれた南の楽園『モトゥヌイ島』にはある伝説が語り継がれていました。

その伝説を聞いて育った村長の娘モアナ。

ある日、モアナの住む島・モトゥヌイに不穏な出来事が起こり始めます。

モアナは伝説によりこの出来事が起こっていることを感じ、愛する島と家族を救うために大海原へと旅立つ決心をします。

その旅の途中でかつての英雄である、半神半人のマウイと出会い一緒に冒険へ向かいます。

このマウイがこの物語のキーマンなんです!

モアナとマウイ、そしてヘイヘイで更なる冒険へ向かいます。

この3人の掛け合いはコメディタッチで面白いですよね。

この大男『マウイ』ですが、そもそも伝説の人物なんです。

モデルとなっているのは南太平洋を代表する『英雄マウイ』です。

英雄マウイの神話はハワイだけのものではなく、ポリネシアの各所に「トリックスター」というマウイの伝説が残っています。

マウイの神話伝説は?

ポリネシアの各地で神話になっている『英雄マウイ』。

その神話は一体どんなものなのでしょうか。

月の女神(ヒナ)の子供として、たくさんいる兄弟の末っ子として生まれ兄弟とともに漁をして暮らしていました。

年上の兄たちにいじめられたり、里子に出されたりと、少年時代は寂しいものでした。

しかし、成長したマウイは、数々の能力と人間の限界を超える知恵を持つようになり、数々の偉業を成し遂げていきます。

半神半人(クプア)である英雄・マウイは様々な偉業を成し遂げていきます。

怪力の持ち主

兄弟の誰よりも力が強かったそうです。

矢を投げれば誰よりも遠くへ飛ばし、凧をあげれば誰よりも空高くの風に乗せ、魚を釣れば他の兄弟たちがほとんど釣れないような日でも、大きなかごをいっぱいにして帰ってきたそうです。

島を釣り上げた

ポリネシアにはたくさんの島が存在しています。

伝説では、マウイはたくさんの南太平洋の島を「釣り上げた」そうです。

ハワイ諸島もその一つです。

『マウイ島』があるのもそれなのでしょうか?

そして、釣り上げた中で一番大きな島が『ニュージーランドの北島』だったと言われています。

太陽を捕まえた

その昔、夜が長く、太陽はあまりに速く通り過ぎてしまいました。

1日があっという間に終わってしまい、マウイの母・ヒナも人間たちもとても困っていました。

そこでマウイは、ハレアカラの山の火口に潜んで太陽が昇ってくるのまち、登ってきたところを挑みかかりました。

マウイは太陽「ゆっくりと空を移動する」ことを誓わせました。

それからは日中が長くなり、人間は仕事も生活もしやすく、幸せに暮らせるようになりました。

火を使えるようにした

人間がまだ火を使っていない頃のことです。

ある日、マウイは、山に住むアラエという種類の鳥が火を使っていることに気づきました。

マウイは、火を隠そうとするアラエを捕まえ、火のおこしかたの秘密を白状させます。

そして乾燥した木をこすり合わせて火を起こすという方法をマウイは人間に伝えたのです。

火は人間の生活になくてはならないものですよね。

このように人々の暮らしのために尽力したマウイは、南太平洋の島々で英雄として愛されているんです。

鳥に変身

半神半人マウイは「ケレル」という鳥に姿を変えることができました。

映画『モアナと伝説の海』の中でも、マウイが鳥に変身していましたよね!

伝説の中でマウイが変身する鳥『ケレル』は、実際に生息する野鳥です。

ニュージーランドの森だけに生息するハトなんです。

全長50センチほどで日本にいる鳩の2倍くらい大きさのサイズで、鳴き声も大きいそうです。

なんだか大きくて、びっくりですね。

モアナと伝説の海・モデルになった島はどこ?

『モアナと伝説の海』の中でも、美しい南太平洋の景色がたくさん出てきますよね。

この美しい島は一体どこだったのでしょうか。

モアナが住んでいるのは『モトゥヌイ島』です。

映画を作るにあたりスタッフは、フィジー・サモア・タヒチなどに視察に行ったそうです。

これらの美しい島々を合わせて作りあげたのが、物語に出てくる『モトゥヌイ島』だったのではないでしょうか。

しかしこの『モトゥヌイ島』に似た名前の島があったのです!

その名前は『モツヌイ島』。

こちらでは鳥人儀式が行われていた伝説の島でもあり、マウイが鳥に変身することもあるので、モデルの一つとして考えられたかもしれませんね。

また、マウイの体に彫られているタトゥーも先住民マオリ族のもののようですので、ここからもポリネシアの島々がモデルになっているといえますね。

ポリネシアの美しい島々の魅力を一つに集めた島がモアナの住む『モトゥヌイ島』なんでしょうね。

まるで夢のような美しい島なので、実在するなら行ってみたいですよね!

まとめ

美しい南大西洋が舞台の、モアナと伝説の英雄マウイの海洋冒険物語。

南太平洋に広く伝わる半神半人の英雄「マウイ」

モデルとなった英雄マウイは人間にも馴染みが深い存在だったんですね。

しかし、映画の中のマウイはこの伝説の英雄とは違った一面も持っています。

モアナと困難に立ち向かいながらも、大切なものを返すため、そしてもう一度英雄になるため冒険へ向かいます。

マウイのこのようなバックボーンを知って見ると、また映画は違った楽しみが出てきそうですよね!