ディズニー

モアナと伝説の海の吹き替え声優一覧!主要キャラの英語版まで公開

ハワイの島に住む少女・モアナが自分の住む島を救うため南太平洋の大海原に冒険の旅に出るディズニー映画『モアナと伝説の海』。

ディズニー初のポリネシア系プリンセスであり、史上最年少の声優ということで話題になりました!

英語版・日本語版共に声優は、キャラクターの設定に近いバッググラウンドを持つ俳優たちを起用しています。

聞き覚えのある声やあの人っだったの?と思う人がいるかも知れませんね♪

今回はその俳優陣を調べていきます!

モアナと伝説の海・吹き替え声優一

2017年アカデミー賞長編アニメにノミネートもされている「モアナと伝説の海」。

今作には個性たっぷりのキャラクターが登場します。

そのキャラクターに負けないくらいの個性たっぷりの声優陣をご紹介します!

モアナ役:屋比久知奈(やびく ともな)

日本語吹替版でモアナを演じるのは、沖縄出身の歌手・屋比久知奈さん

学生時代からミュージカルなどに出演していた彼女は、今作品では主役に大抜擢されました。

東宝主催の第1回ミュージカルのど自慢大会で優勝した経験もあるので、歌唱力もあるんです。

沖縄県出身なので、ハワイの海が舞台の『モアナと伝説の海』にイメージもぴったりですね。

英語も得意とのことですので、今後も活躍が楽しみですね!

マウイ:尾上松也(おのえ まつや)

マウイ役はなんと歌舞伎役者の尾上松也さんが演じています。

二代目尾上松也として子供のときから歌舞伎の舞台に上がってきた正真正銘のサラブレットの歌舞伎俳優さんです。

驚いた方も多かったのではないでしょうか。

実は尾上さん、ディズニー映画に出たいと願っていたそうなんです。

『モアナと伝説の海』の劇中ではマウイのソロ楽曲「俺のおかげさ」ではラップも披露しています。

歌舞伎とラップ、、、結びつきませんね。

これは必見です!

歌舞伎だけでなくミュージカルやテレビドラマ、映画にも多数出演経験があるのですが、アニメの吹き替えはこれが初挑戦とのことです。

シーナ・ワイアリキ:中村千絵

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chie Nakamura! She doesn’t voice much in anime because of all her work for Sakura from Naruto. As many people know… Naruto is still airing as an anime series, so you can tell why she doesn’t voice much. But just Sakura alone already makes me love this seiyuu. Naruto was the sole anime that I grew up on and I’m glad she’s one of the voices I grew up hearing as well. Also, sorry for the images I used. I know it’s a lot more different than what I normally do, but like I said she voices very little characters in anime and most of them are not well known enough to have higher quality images, sadly ): ~@gvrdo ————————————————- #narutoshippuuden #naruto #sakuraharuno #harunosakura #narutoshippuden #chienakamura #nakamurachie #seiyuu #中村千絵 #声優

I♡SEIYUU(@seiyuulove)がシェアした投稿 –

モアナのお母さんのシナを演じるのは中村千絵さんです。

アニメから洋画の吹替まで幅広く活躍する声優さんですので、モアナを思うお母さんの強くも優しく表現力はさすがです。

「NARUTO -ナルト-」シリーズの春野サクラ役なども担当しているので、聞き覚えのある方も多かったのではないでしょうか?

ちなみに洋画の吹替ではエイミー・アダムスやキルスティン・ダンストの担当声優なんですよ。

タラ:夏木マリ

ストーリーに欠かせない人物・タラを演じているのは女優の夏木マリさんです。

「千と千尋の神隠し」、「アタゴオルは猫の森」などで声優さんとしても活躍しています。

どんな役でもこなせる夏木さん演じる・タラはモアナの祖母であり親友でもあり、周囲の人々からは「変わり者」と思われています。

そしてモアナが幼いころから伝説の島の話や半神マウイのことを語り伝えてきました。

海の向こうを見たいと願う彼女の良き理解者であり、この作品のキーパーソンでもあるんです。

モアナの背中を押す強く優しい包容力が声から伝わってきます。

 

タマトア:ROLLY

50本の足を持つカニ?モンスター?のタマトアを演じるのはミュージシャンのROLLYさんです。

奪ってきた財宝でキラキラと甲羅を飾っていて、なんだかロックな風貌ですね。

ひょうきんな一面もあり、ユーモア好き!まさにROLLYさんにぴったりですね。

ROLLYさんの格好いい歌声も聞くことが出来ます。

ヘイヘイ:多田野曜平

声優の多田野曜平さん演じるのはニワトリのヘイヘイ。

モアナの相棒のニワトリなのですが、モアナとともに海を旅します。

なんだか、笑ってしまうキャラクターで、周りからは役立たずだと思われていますが、モアナは見た目よりも賢いと信じています。

洋画の吹き替えではクリント・イーストウッドやウィレム・デフォーを担当しています。

『アナと雪の女王』や『シュガー・ラッシュ』、『ズートピア』などでも声を聞くことが出来ます。

モアナと伝説の海・英語版吹き替え声優一覧

今度は英語版の声優陣です!

それぞれのキャラクターに近いバックグラウンドを持つ俳優たちですので、きっと迫力ですね!

あのこえはだれだったのか?検証しましょう!

モアナ役:アウリイ・クラヴァーリョ

モアナ役を勝はハワイ出身の、アウリィ・クラヴァーリョ

アウリィは14歳の時に400倍以上のオーディションで見事勝ち取り、大役に抜擢されました。

無名の彼女がが一躍ヒロインで有名に!まさにシンデレラストーリー。

当時14歳だった彼女は、ディズニープリンセスを演じる声優としては史上最年少でこの作品が女優としてのデビュー作!

劇中の美しい歌声を聞くと、彼女が選ばれた理由に納得です。

マウイ:ドウェイン・ジョンソン

英語版でマウイの声を担当したのは、ドウェイン・ジョンソン

「ワイルド・スピード」シリーズなどのヒット映画の出演の売れっ子俳優さんですね。

ドウェイン・ジョンソンはサモアの血を引いてるそうで、南太平洋を舞台とする本作に参加できることは夢のようだと語っていました。

ジョンソンにとって初めてのミュージカル作品となりました。

力強い歌声はマウイにぴったりですね!

シーナ・ワイアリキ:ニコール・シャージンガー

英語版でシーナ役を務めるのはハワイ出身のシンガーソングライター、ニコール・シャージンガー。

映画の代表作は「メン・イン・ブラック3」です。

ダンサー、モデル、女優としても知られる彼女は、『プッシーキャット・ドールズ』のリードシンガーとしても知られています。

タラ:レイチェル・ハウス

英語版でタラおばあちゃんを演じたレイチェル・ハウス

ニュージーランド出身で数多くのテレビシリーズへの出演で知らています。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、グランドマスターの部下トパーズ・カルロを演じていたので、見覚えのある方も多いのでは?

タマトア:ジェマイン・クレメント

ニュージーランド出身で俳優、コメディアン、ミュージシャンのジェイマン・クレメントがタマトアの声を担当。

コメディアンなので、タマトアの表現力はさすがですね。

『メン・イン・ブラック3』で悪役ボリスを演じたり、『怪盗グルーの月泥棒』でミニオンのジェリーの声を担当するなど、活躍は広がっています。

ヘイヘイ:アラン・テュディック

アラン・テュディックがヘイヘイの声を担当しています。

数多くのディズニーの長編アニメーション映画で声の出演をしている大ベテランです。

 テュディックは、『シュガー・ラッシュ』のキャンディ大王役でアニー賞最優秀声優賞受賞している実力派。

また『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でK-2SO役なども担当しています。

聞いたことありそうですね。

モアナと伝説の海・吹き替え声優まとめ

『モアナと伝説の海』の声優さんは皆さん、実力派ですね。

様々なフィールドで活躍する皆さんの声の共演はとても楽しみです♪

演じている俳優さんのお顔を思い浮かべれば実写版映画を想像できそうですね!

少女モアナが冒険の中で成長していく姿も、映像で描かれる大自然など見どころがたくさんありますね。