漫画

「鬼滅の刃」炎柱・煉獄杏寿郎の技は?炎の呼吸の全型一覧!

いまや少年ジャンプの顔ONEPIECEに迫る勢いを持ち、人気を集めている鬼滅の刃

全国の書店では売り切れが相次ぎ、アニメも大好評、さらには映画化も決まるなど波に乗っている作品です。

そんな今作に登場する「炎柱・煉獄杏寿郎」は作中きっての人気キャラ。

主人公の炭治朗たちに影響を与えた、物語のキーパーソンにあたる人物になります。

煉獄が炎の呼吸を駆使して披露した技の数々は、作中の序盤においてトップクラスの攻撃力で、存在感に溢れていました。

さらには制作が決まった映画第2弾の無限列車編において、ストーリーの中心的キャラとなっていますので、是非とも今回の記事で彼について知っておきましょう!

それでは「鬼滅の刃」炎柱・煉獄杏寿郎の技は?炎の呼吸の全型一覧!の記事を書いていきたいと思います。

鬼滅の刃を見てみたい!

しかし、人気過ぎて単行本が手に入らない現象が起きていますよね(汗)

そんな特に優秀なサービスが「U-NEXT」の電子書籍を活用する方法です。

U-NEXTは31日間も無料体験でき、お試し登録でも600ポイントも貰えます。

鬼滅の刃最新刊がポイントを使えば無料に!

31日間以内に解約すれば一切お金がかからないという敷居の低さも試しやすいポイントです。

アニメが見たい方は動画も全話配信中ですし、他のマンガが見たい場合も豊富な品揃えです。

U-NEXTの配信状況
  • 動画配信:17万作品(内14万作品は見放題)
  • 漫画配信数:52万冊以上(ラノベ作品も含む)
  • 雑誌配信数:70冊以上

※2020年2月時点

国内最大の配信サービスで鬼滅の刃を読みましょう♪

>>今すぐ漫画「鬼滅の刃」を無料で読む<<

「鬼滅の刃」炎柱・煉獄杏寿郎とは?

鬼殺隊の柱に所属する、炎柱・煉獄杏寿郎。

代々柱を務め炎の呼吸を操る家系で育ち、戦闘においても自身の呼吸を見事に使いこなしています。

常に快濶とはっきりとしており、正論を好むまっすぐな性格。

相手に対しての思いやりや面倒見のよい部分は、仲間からの尊敬を集める一因となっています。

愛する母親の死や、堕落した父親、弟の存在などの家庭環境が、杏寿郎のしっかりした性格に繋がっているんだろうね。

原作の無限列車編では鬼に人質にとられた乗客200人を炭治郎たちと協力して1人も欠けることなく救出。

その際炭治郎たちに自身の実力を見せつけ、彼らから尊敬の想いを向けられるのでした。

ところが、その場にやってきた上弦の参・猗窩座と交戦の交戦により重傷を負ってしまいます。

敵にも逃げられ、救護も間に合わないほどの重傷から自身の死を受け入れると、最期は家族への遺言を炭治朗に託し、幻覚の中で愛する母に再会してその生涯を閉じるのでした。

炎の呼吸とは?

鬼滅の刃に出てくる呼吸とは、鬼殺隊の面々が鬼との戦闘の際に使用する操心術のことを差します。

鬼殺隊員は、肺を鍛え上げ酸素を全身に満遍なく行きわたらせることで、身体能力の向上を促進。

それを応用して剣技を繰り出すことができ、個人の相性に合わせて「炎の呼吸」「水の呼吸」「雷の呼吸」「風の呼吸」「岩の呼吸」の5つをベースとした属性に振り分けられます。

中には個々から派生した「霞の呼吸」「蟲の呼吸」などの、個性的な呼吸もたくさん見られるよ。

そして今回の記事で紹介している煉獄は、炎の呼吸を操ることにより、炎を使用した技を繰り出すことが可能。

柱という最高ポジションについていることからも、炎の呼吸を操る中では最強クラスに位置づけていることが分かります。

「鬼滅の刃」炎柱・煉獄杏寿郎の技一覧

壱ノ型「不知火」

肩から斜めに斬り下ろす袈裟斬りのような動きをする「不知火」

敵に狙いを定め、力強い踏み込みと素早い太刀筋により敵の身体を両断するほどの威力をもつ技です。

「罪なき人に牙を剥こうものなら この煉獄の赫き炎刀が お前を骨まで焼き尽くす!!」

上記のようなセリフからも、並々ならぬ信念を感じますね。

弐ノ型「昇り炎天」

炎の気を纏わせて敵を切り上げる「昇り炎天」

とっさの攻撃に対応するための迎撃向きで、煉獄の技の中では攻撃力はさほどない技です。

パワーよりもスピードを重視しており、作中では猗窩座から炭治朗を守る際使用されました。

肆ノ型「盛炎のうねり」

前方の広範囲を薙ぎ払う「盛炎のうねり」

遠距離からくる攻撃の防御としても使用でき、攻守両方で活躍する技になっています。

広範囲まで技を繰り出すことができますが、飛距離がないため遠距離の相手を攻撃するのは困難。

しかし煉獄の持ち前の身体能力によって、その弱点をカバーすることに成功しています。

伍ノ型「炎虎」

炎を纏う気が、まるで猛虎のようにそびえたつ「炎虎」

「盛炎のうねり」よりも強力で、さらに広範囲に攻撃を繰り出します。

猗窩座の「破壊殺・乱式」と呼ばれる技を繰り出した際、互いの技をぶつかり合うときに使用しました。

しかし最終的には、乱打で攻め立てる「乱式」に押し込まれてしまい、骨折や左目が潰れるほどの重傷を負ってしまいます。

その際鬼になるよう猗窩座に言われるけど、煉獄は鬼として生きるより、人として戦い抜くことを誓うんだよ。

奥義・玖ノ型「煉獄」

炎の呼吸の奥義にあたる自身と同じ姓の「煉獄」

一瞬にして身体の広範囲をえぐり取り、確実に敵を仕留める際に使用される技です。

作中トップクラスの煉獄が、最大限に気を練り上げ全身のパワーを放出するため、とんでもない威力を持ち合わせています。

しかし元々重傷だったため、技の威力は落ち逆に追撃を食らってしまいます。

最終的には夜明けとともに逃げ出す相手を捕まえきれず、命を賭した攻撃むなしく終わってしまうのでした。

まとめ

壮絶な最期で作中において抜群の存在感を放った煉獄杏寿郎。

読者としても、「え?こんなに早く退場?」と思ったことでしょう。

しかし彼の最期や生き様は、主人公の炭二郎たちに多大なる影響を与えたのは間違いないです。

その勇姿を映画館でまた観れるとなると、いやが応にも期待してしまいますね!

ぜひとも公開を心待ちにしましょう!

それでは、今回も最後まで閲覧いただきありがとうございます!