呪術廻戦

【呪術廻戦】簡易領域とは?効果や種類について解説!

簡易領域とは

今回は、簡易領域の効果や種類についてご紹介します。

呪術廻戦で”展開”といえば、「領域展開」という必殺技が有名です。

それ以外にも「簡易領域」というものが存在しますが、縛りが存在するために使用できる術者も限られてしまっています。

そんな簡易領域の効果や種類について、説明していきます!

【呪術廻戦】簡易領域とは?


簡易領域とはどういったものを指すのでしょうか?

簡易領域は、蘆屋貞綱(あしやさだつな)が平安時代に考案しました。

元々は、領域”から身を守るための”弱者”の領域として生み出されたものです。

”弱者”の領域展開とあるため、守るための防御に特化した領域です。

蘆屋貞綱は、呪術流派「シン・陰流」の創始者でもあります。

術式というのは、肉体に刻まれているもの、生まれながらに持っているものですが、簡易領域は「シン・陰流」の門下生になれば、後天的に身に着けることが可能です

しかし、門下生しか使用することが出来ないという「縛り」があります。

これは大きなデメリットですが、門外不出にすることで効果を底上げしています。

作中で使用しているのは、三輪霞(みわかすみ)や究極メカ丸こと与幸吉(むたこうきち)、あとは呪術師高専東京校の担任である日下部篤也(くさかべあつや)です。

与幸吉は敵の身体の内部に簡易領域を展開して、真人に攻撃を仕掛けました。

先ほど防御を特化した術式と説明しましたが、攻撃にも使用することができるため、簡易領域は汎用性が高いです。

簡易領域の効果


簡易領域は「相手の術式を中和(無効化)する」という効果を持ちます。

つまり、相手に必ず攻撃をあてることが出来るという必中攻撃の領域展開に対抗できる手段の1つが簡易領域となっています。

もちろん、相手の領域展開を上書きするように自分も領域展開を使用することが出来れば問題はありませんが、呪力も多く消費してしまうため、並みの呪術師では難しいです。

三輪の簡易領域で、展開した簡易領域内に侵入した敵を即座に反撃するというようなカウンター技があります。

自分の周りにだけ簡易領域を展開するため、領域展開と比較して呪力を少なく抑えて、使用可能です。

次は簡易領域の種類について、ご紹介します。

【呪術廻戦】簡易領域の種類


領域展開と同様に簡易領域にもいくつも種類が存在します。

作中に登場した簡易領域は、「シン・陰流」の 簡易領域がほとんどを占めていますが、簡易領域は「シン・陰流」だけではありません。

「シン・陰流」以外の簡易領域を作中で使用したのは、呪術高専京都校3年の東堂葵(とうどうあおい)です。

渋谷事変の真人の0.2秒の領域展開に対抗するため、簡易領域を使用しますが、失敗に終わったため、詳細なところはわかりません。

九十九由基(つくもゆき)直伝と描かれていたため、「シン・陰流」の簡易領域である可能性は低いです。

というのも、九十九は世界でも4人しか存在しない特級呪術師であるため、自身で考案した簡易領域を師弟関係にある東堂に教えた可能性が高いです。

簡易領域は攻撃と防御のどちらにも使用することが出来るため、今後の戦闘で使用されることが高いと予想します。

まとめ

今回は、簡易領域の効果や種類について、ご紹介しました。

使用する術者によって、攻撃や防御にも用いることが出来るという便利な術式です。

技の派手さから領域展開に注目が集まりがちですが、簡易領域も十分カッコイイですよね。

今回比較した領域展開について解説している記事があるので、もし良かったら読んでみてください。