呪術廻戦

【呪術廻戦】加茂憲紀とは?強さや術式・天然と言われる理由を解説

呪術廻戦加茂憲紀解説

和服姿で落ち着いた雰囲気の加茂憲紀(かものりとし)は、呪術高専京都校3年生の準一級呪術師。

名前から分かるように御三家のひとつ、加茂家の嫡男で次代当主となる人物です。

加茂家相伝の術式を受け継いでおり、呪術師としての実力も十分あります。

御三家の次代当主、という立場を重んじて行動することが多いです。

リーダーシップもあり京都校のまとめ役的存在ですが、クスッと笑える天然な一面も。

普段とのギャップで愛されているキャラでもあります!

そんな加茂憲紀の強さや使用する加茂家相伝の術式は何なのか、気になりますよね?

ここでは加茂憲紀のプロフィールや強さ、術式について紹介していきます。

天然キャラエピソードもまとめてみたのでぜひ最後までご覧ください!

ここで分かること
  • 加茂憲紀の年齢や身長などのプロフィール
  • 加茂憲紀の強さについて
  • 加茂憲紀の術式
  • 加茂憲紀の天然エピソード

【呪術廻戦】加茂憲紀とは?

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

加茂憲紀の年齢や身長、声優などのプロフィールをまとめてみました!

年齢 18歳
誕生日 6月5日
身長 約180cm
等級 準一級呪術師
好きな食べ物 コーヒー
嫌い(苦手)な食べ物 エスニック料理
趣味(特技) 勉強
声優 日野聡

加茂家の嫡男として厳粛な秩序を重んじる加茂憲紀。

普段は物腰柔らかな少年ですが、必要であれば非情な判断を下すことにも動じません。

虎杖悠二(いたどりゆうじ)の事も、京都校学長の指示により殺そうとしていました。

しかし「加茂家嫡男として振る舞わなければならない」という言葉が出てきているので、全て自分の意思でというわけでもなさそうです。

何か思うところがあっても抑えている部分があるのではないでしょうか。

交流戦2日目の野球の時には「人をいっぱい助けたい」という虎杖悠二に対し「いい理由だ」と返すなど和やかな場面もありました。

非情に見えるのは立場がそうさせるだけで、根は優しい性格なのかもしれませんね。

加茂憲紀の強さは?

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

加茂憲紀は真面目な性格からも分かるように、冷静な判断力や豊富な知識を活かして戦うタイプです。

使用する術式は近・中・遠距離問わず対応可能な「赤血操術(せっけつそうじゅつ)」。

術式を応用して様々な攻撃を繰り出すことができ、準一級呪術師としての実力も十分です。

花御(はなみ)と戦った時に伏黒恵(ふしぐろめぐみ)が「自分とやった時が全力じゃなかったのか」と驚く場面があり、その実力の高さがうかがえますね。

加茂家の嫡男として優秀な加茂憲紀ですが、実は側室の息子です。

加茂家には6歳の時に嫡男として迎えられました。

これは正室が加茂家相伝の術式を継ぐ男児を産めなかったためです。

加茂憲紀は嫡男として相応の扱いを受けていましたが、母親の扱いは悪く「爛れた側妻」と呼ばれる程でした。

最終的に母親は加茂家を追われることになりますが、最後まで息子の事を気遣っています。

加茂憲紀はそんな母親の事を慕っており、母親のためにも立派な当主となると硬く決意しました。

このような経緯が加茂憲紀の強さに繋がっているんでしょうね。

【呪術廻戦】加茂憲紀の術式を解説

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

加茂憲紀が使用する加茂家相伝の術式「赤血操術」は、自分の血液と血液がついたものを自在に操れる術式です。

接近、遠近どちらにも対応できるバランス力のある術式でかなり応用が効きます。

使用する血液は血液パックの血液も有効なので常にストック。

武器には事前に血を仕込んでいます。

血を使用しすぎると貧血になり動けなくなるので事前の準備が大切なんですね。

では、「赤血操術」で繰り出される技の紹介をしていきます!

赤鱗躍動(せきりんやくどう)

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

血流操作によるドーピングのようなものです。

体温、脈拍、赤血球量などの血中成分まで自由自在に操ることができ、パワーやスピードアップに効果があります。

接近戦の時に有効な技ですね。

赤縛(せきばく)

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

血液を縄目状に編み上げて相手の自由を奪う技です。

伏黒恵と戦った時には血液パック1袋を使用し、鵺を捕らえていました。

相手にもよると思いますが、血液量が多いほど強度が増すと考えられます。

苅祓(かりばらい)

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

固めた血液を手裏剣状に形成して相手に投げる技です。

距離の離れた相手への攻撃にも有効ですね。

百斂(びゃくれん)

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

血液に圧をかけ、限界まで圧縮する技です。

両手を合わせることで発動します。

この「百斂」により圧縮された血液を矢のように打ち出す技が、奥義「穿血(せんけつ)」です。

呪力で強化された血液は音速を超える速さで放たれ、避けるのは至難の業。

とても威力の高い攻撃なので当たればひとたまりもありませんね。

このように「赤血操術」を使いこなしている加茂憲紀ですが、領域展開は使用できません。

加茂家の次期当主として今後も実力を伸ばしていく中で、領域展開を使用することができるようになるのか楽しみですね。

【呪術廻戦】加茂憲紀の天然エピソード

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

冷静沈着、真面目といった印象の加茂憲紀ですがどこかズレたところがあり数々の天然エピソードを持っています。

アニメ『呪術廻戦』で加茂憲紀の声を担当する日野聡さんも、厳粛な一面と天然な一面を意識しながら演じていると話されていますよね。

ここでは天然キャラとされる加茂憲紀のエピソードを紹介していきます。

「違くない」

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

交流戦時、同じ傍流の立場だからと伏黒恵に「君と私は同類だ」と声をかけます。

伏黒恵には「違います」と即座に否定されていますが、加茂憲紀は「違くない」と反論。

禪院家の術式こそ受け継いでいますが、伏黒恵は禪院家の後継ぎではありません。

ちょっと思い込みの強いところもあるのかもしれませんね。

「宗家よりよほど出来がいい」

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

伏黒恵の事を「宗家よりよほど出来がいい」と口にする場面があります。

実力を認めているからこその言葉なのですが、よりによって宗家の人間がいる目の前でこの言葉を言ってしまっています。

「録画すればいい」

※ 呪術廻戦 芥見下々/集英社

高田ちゃんの番組のため退室しようとした東堂葵(とうどうあおい)を引き止める際「録画すればいい 戻れ」と真顔で諭しています。

声をかけるポイントはそこなんですね・・・。

「ナイッピー」

 

野球試合時、仲間の東堂葵が顔面にデッドボールを食らったのに敵チームに「ナイッピー」と声をかけています。

ルールを知らないのか冗談なのかどっちなんでしょう。

ちなみにサードとして参加した加茂憲紀は三振で交代しています。

まとめ

加茂家の次代当主としてどうあるべきかを常に考え行動している加茂憲紀。

その背景には母親の為にも、という理由があってのことでした。

術式「赤血操術」も使いこなしており、準一級呪術師としての強さにも納得です。

色んな技を使っていてすごいですよね。

ここでは真面目でありながら天然な一面も持ち合わせている加茂憲紀について紹介してきました。

年齢や身長などのプロフィールから強さの背景、使用する術式など加茂憲紀について詳しくなれたのではないでしょうか。

ちょっとズレた言動も魅力な加茂憲紀の活躍を今後も見守っていきましょう!