僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ】上鳴電気の個性とは?能力や覚醒後の力を解説!

週刊少年ジャンプにて大人気連載中のマンガ、「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」。

そこに登場する「上鳴電気(かみなりでんき)」は、読者からの人気も高いキャラクターです。

ヒロアカを最近読み始めたという読者の中には、「上鳴って誰だっけ?」「チャラいだけに見えるけど、強いの?」と思う方もいるでしょう。

そこで今回は、上鳴電気の「個性」や能力、そして覚醒後の強さについて、一挙解説したいと思います!

【ヒロアカ】上鳴電気のプロフィールは?

初めに、彼の基本プロフィールから紹介したいと思います。

ヒーロー名 チャージズマ
本名 上鳴 電気 (かみなり でんき)
性別
「個性」 帯電
出身 埼玉県
生月日 6月29日
血液型 O型
身長 168 cm
職業 雄英高校ヒーロー科
出席番号 7番
好きなもの 流行っているもの、ハンバーガー
「個性」把握テスト 16位
障害物競走 24位
雄英体育祭 ベスト16
学力テスト 20位
畠中祐
人気投票 10位(1回目)→11位(2回目)→8位(3回目)→16位(4回目)→14位(5回目)

注目すべきは、人気投票の順位。

過去5回の全てで20位圏内に入っており、内2回は10位以内という好順位です。

この理由は、以下に示す彼の性格が関係していると思われます。

明るいクラスのムードメーカー

彼の見た目は、「個性」を反映したイナズマメッシュが入った金髪の少年。

性格も見た目のまま、お調子者でチャラく、非常にノリの軽いA組のムードメーカーです。

例えば、オール・フォー・ワン(AFO)との一戦を受け、A組全体が暗くなったときは、「個性」使用の反動によってアホ化し、雰囲気を和らげていました。

また、極度の女好きでもあり、同じくエロ担当の峰田とは意気が合うようです。

クラスメイトの麗日だけでなく、体育祭では対戦相手の塩崎茨をナンパしたり、女性陣にチア衣装を着るようせがんだりしていました。

その性格から、爆豪を「クソを下水で煮込んだような性格」といじったり罵倒したりできる、稀有な存在でもあります。

仲間想いな熱い男

ただのチャラ男と思われがちな彼ですが、実は仲間想いな熱い男でもあります。

仮免試験では、対戦相手の肉倉に、クラスメイトの切島や爆豪のことをバカにされたことに対し、激しく怒りを露わにしました。

また、八百万(ヤオモモ)や耳郎とは、一緒にいることが多いようですが、耳郎とは他に例を見ない特別な関係に見えます。

この点については、次の項目で解説したいと思います。

耳郎響香との関係

耳郎響香(じろうきょうか)は上鳴と同じ、1年A組のクラスメイトです。

耳郎は基本的に上鳴のことを雑に扱い、さながら上鳴がボケ、耳郎がツッコミのポジションです。

二人の関係が始まったのは、入学直後の実践訓練でペアを組んだところから。

その頃から、上鳴のアホ化が、耳郎にはかなりのツボだったようです。

ヴィラン連合によるUSJ襲撃では、耳郎は上鳴を人間スタンガンとして敵方へと突撃させました。

二人の関係が進展したのは、文化祭でのこと。

バンドを組んで曲を披露することに及び腰だった耳郎でしたが、「あんなに楽器できるとか めっちゃかっけーじゃん!」と上鳴に言われ、前向きになったのです。

この二人のカップリングは、ファンの中でも人気があり、今後の進展が期待されます。

【ヒロアカ】上鳴電気の「個性」とは?

上鳴の「個性」は「帯電(たいでん)」。

その名の通り、電気を自身の身体に帯電させることができる「個性」です。

電気を充電するだけでなく、放電して攻撃することも可能ですが、出力を操ることはできません。

大電力を放電すれば大きな威力を誇りますが、代わりに脳がショートして「ウェーイ」としか言えなくなる、いわゆる「アホ化」という欠点があります。

そのため、訓練では大電力にも耐える身体を作るため、電撃を浴び続けました。

その結果、仮免試験では電撃を浴びせる対象を相手に絞ることにより、窮地を脱することができたのです。

また、コスチュームを着用すれば、耳につけた無線で通信することができます。

これは彼の「個性」を利用した特注品です。

「帯電」を使った技

これまでに確認できている上鳴の技は、以下の2種です。

無差別放電130万V (むさべつほうでん130まんボルト)

130万ボルトという大電力を一帯に放電するという大技。

敵味方関係なく攻撃してしまうという欠点がある。

ターゲットエレクト

ポインターシューターを使うことにより、対象に向かって電撃を浴びせる技。

10 m以内という射程距離がある。

【ヒロアカ】上鳴電気の覚醒後の力は?

元々軽い性格の上鳴は、本番で及び腰なところがありました。

超常解放戦線との交戦時、戦いの前線にいた彼は、他のクラスメイトとは違う戦場にいたということもあり、おびえた様子を見せます。

しかし、同じく前線で戦っていたプロヒーロー、ミッドナイトから、後方にいるクラスメイトら仲間のことを守るように言われました。

その言葉に勇気づけられた彼は覚醒し、「個性」を使って敵幹部を倒すことに成功したのです。

まとめ

「上鳴電気」の「個性」や能力、覚醒後の力について解説しましたが、いかがでしたか?

明るくお調子者でありながら、男気溢れる魅力的なキャラクターであるため、これからも活躍が期待されます。

最終章に入り、これまで以上の盛り上がりを見せている「ヒロアカ」に、今後も注目です!