呪術廻戦

【呪術廻戦】反転術式とは?術式反転との違いや使える人を紹介

呪術廻戦反転術式術式反転違い

今回の記事では、反転術式とはどういう術式なのか、という疑問を解決していきます。

反転術式とは別にもう一つ、術式反転というものもあります。

「反転術式」と「術式反転」は、”反転”と”術式”という熟語がひっくり返されているだけなので、似ているのかなと思ってしまいますが、この2つは全く別物です。

反転術式は扱うのが非常に難しいため、使える人も限られています。

この記事では、反転術式とはどういうものを指しているのか、また術式反転との違い、反転術式を使える人にも触れていきます。

【呪術廻戦】反転術式とは何?


呪力は負の力 肉体の強化はできても再生することはできない 負の力同士を掛け合わせて正の力を生む

作中では、そのように反転術式を語っています。

負(-)の力 × 負(-)の力 = 正(+)のエネルギー

元々呪力というものは、人間の負(-)の感情で作られているものです。

現実では負(-)の感情負(-)の感情を掛け合わせても、正(+)の感情になることは難しいですが、呪力は掛け合わせることで正(+)の呪力に変化します。

反転術式は術式という言葉がついていますが、実は術式ではないです。

作者の芥見下々先生も呪術廻戦2巻で「反転術式はどちらかというと呪力操作の部類です(ややこしくてごめんね…)」、と言っています。

反転術式を使用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

反転術式のメリット

反転術式を使えることで、二つのメリットがあります。

他の術式などと比較しても、メリットとしてはかなり大きいです。

そのメリットとは、体の治癒が出来ること

それに加えて、術式反転が使えることです。

ただ、体の治癒といっても、回復範囲にはいくつか種類があるようです。

詳しく見ていきましょう。

体の治癒ができる

体にとってのマイナスなことといえば、体の疲れであったり、ケガですよね。

そのマイナスのことがプラスになると考えれば、体の治癒ということになります。

反転術式を使用できれば、体の傷を治すことも可能になります。

ただ、体の治癒にも、自分を治すことが出来るのか、それとも他人を治すことが出来るのかの2通りあります。

さらには、反転術式を使った人がどれだけ呪力操作を出来るのかにより、回復するスピードやどれほどの傷を治癒できるのかが全く異なります。

術式反転を使える

反転術式を使うことができると、術式反転も使用可能です。

反転術式によって、負(-)の呪力負(-)の呪力を掛け合わせることで、正(+)の呪力に変えることが出来ました。

術式反転では、その正(+)の呪力を使います。

反転術式と術式反転の2つは何が違うのかについては、この後触れていきます。

反転術式を使える条件

基本的には、呪力を扱える人は使用可能となっています。

理屈としてはそうなのですが、高度な呪力操作が必要です。

呪力の扱いに慣れていない人だと、反転術式を使用することはかなり難しいです。

さらに、呪力の扱いをマスターするだけでは、習得できない生得術式(しょうとくじゅつしき)という術式も存在します。

生得術式

生まれ持ったものであって、後天的には身につけることが出来ない術式です。

生得という言葉からもわかるように、生まれながらにして得ている、体に刻まれている術式です。

具体例としては、五条無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)釘崎芻霊呪法(すうれいじゅほう)伏黒十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)などが、生得術式に分類されます。

【呪術廻戦】反転術式と術式反転の違い

引用元:呪術廻戦/集英社

反転術式と術式反転、なんだかややこして理解できなさそうですが、実は意外と簡単です。

まず、反転術式と術式反転の2つを説明していく前に、術式順転を説明します。

術式というのは、負(-)の呪力を使用して攻撃を行っています。

これが術式順転です。

それに対して、術式反転とは、反転術式によって正(+)に変化させた呪力を使用して、攻撃を繰り出します。

順転と反転は、言葉としては対義語のため、反対の効果があります。

五条の術式を例に説明すると、集束させる術式順転は「蒼(あお)」、その反対が発散させる術式反転は「赫(あか)」です。

これを掛け合わせることで、莫大のエネルギーで攻撃可能な「虚式 茈(むらさき」という術式も五条は使用可能です。

この「虚式 茈」は五条家でもごく一部の人間しか知らない秘密の術式となっています。

【呪術廻戦】反転術式を使える人は誰?

引用元:呪術廻戦/集英社

先ほどの使用条件でもご紹介しましたが、生得術式のように生まれながらにして持っているような術式ではないため、呪力が使える人は反転術式を使うことは出来ます。

ただ、呪力が使える人でも鍛錬しなければ、習得することは出来ません。

そんな難易度が高い反転術式を使える人は誰でしょうか?

詳しく見ていきましょう。

五条悟

呪術高専東京校の教師である五条悟(ごじょうさとる)

伏黒恵の父親である「伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)」の襲撃を受けたとき、五条は重傷となりますが、反転術式を使用することで、回復することに成功します。

そして反転術式を利用して、発散させる(はじく力)を強化した術式反転「」が使えます。

その他にも正得術式の「無下限呪術」を常時使用していて、無限で自分の周りをまとっているため、攻撃が当たることがありません。

いつも余裕そうな顔を浮かべているのは、そういう理由があるんですね。

家入硝子

呪術高専東京校の医師である家入硝子(いえいりしょうこ)

他人の体を治癒することできます。

現に五条乙骨といった呪術師でも他人を治すことは出来ないため、呪力操作のスペシャリストといっても、過言ではありません。

そのほど、呪術師にとっても特別な存在です。

乙骨憂太

呪術高専東京校2年生の乙骨憂太(おっこつゆうた)

他人の体を治癒することが可能です。

折本里香という特級過呪怨霊に取り憑かれているため、乙骨は「特級被呪者」と呼ばれていて、乙骨は里香の呪力を使うことで無制限に術式をコピーできるという、特別な能力を持ちます。

しかし、力の源であった、折本里香が解呪してしまったので、反転術式は使用できなくなっている可能性があります

裏梅

夏油たちのアジトに佇んでいた謎の人物、裏梅(うらうめ)

両面宿儺とは1000年以上の面識がある描写が作中にありました。

裏梅は、自身の体を一瞬で治癒することが可能です。

他人の治癒をすることは出来ません。

敵キャラで回復速度が速いのは非常にやっかいですね。

【呪術廻戦】反転術式はどこまで治せる?

引用元:呪術廻戦/集英社

他の漫画でもグッと力を込めると、切断された腕が再生する自然治癒力が高いキャラが出てきますが、大体敵キャラ側が使用できるケースが多いですよね。

そのような治癒が出来る人が味方にいると、安心感を与えてくれます。

そういう意味でも、他人を治癒できる家入の反転術式は、呪術高専にとって、相当貴重でしょう。

さて、どこまで治せるかという話ですが、虎杖・伏黒・釘崎の3人で初めて任務に向かった少年院では、虎杖が特級呪霊の攻撃により、腕を切られてしまう場面がありました。

そのあと、宿儺が虎杖と体を入れ替わった時、宿儺の反転術式で腕が再生されました。

また別の場面では、虎杖は宿儺によって、心臓を取られたことがあり、一度死んだかのように見えました。

これも宿儺の反転術式によって、蘇生することが出来ています。

死に値するダメージを受けてもなお回復することが出来るため、反転術式の治癒で出来ないことはないのではないかと考えます。

もちろん、宿儺は特別な存在であるため、そこまでの治癒ができるのは、ごく稀でしょう。

回復範囲は人によって違うため、考えるのは難しいですね。

まとめ

今回は反転術式、さらに術式反転について解説しました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

『呪術廻戦』では理解するのが難しい言葉もたくさん出てきますが、意味を理解することで、よりストーリーを楽しむことが出来ますよね。

術式については、他の記事で解説していますので、ぜひそちらも読んでみてください。