呪術廻戦

【呪術廻戦】ネタバレ150話確定速報!真希の覚醒で禪院家が壊滅

呪術廻戦150話ネタバレ

呪術廻戦149話では、双子の因果が切れて真希が覚醒。

真依の最期に涙が止まりませんでした・・・。

150話のネタバレ確定速報をお届けします。

真希の覚醒で禪院家が崩壊!?

新たなキャラも登場しましたが・・・生死はどうなったのでしょうか。

呪術廻戦150話のネタバレ確定速報を是非ご覧ください♪

【呪術廻戦】最新ネタバレ150話確定!

呪術廻戦150話のネタバレ速報をお届けします。

真依の死によって覚醒した真希が禪院家をぶっ壊すのか!?

【呪術廻戦】ネタバレ150話速報➀:真希が乱心し禪院家が揺れる

警鐘が鳴り響く禪院家。

甚壱は驚きますが、直哉は「やかましい」と不機嫌な様子。

蘭太という少年が甚壱の元へ。

真希が乱心しました!

扇さんを殺害!現在躯倶留隊(くくるたい)が処理にあたっています!

引用元:呪術廻戦 150話

扇が殺されたことを聞き、甚壱は少し動揺した様子。

直哉は「殺されたんか・・・?」と何か疑うような表情をしています。

【呪術廻戦】ネタバレ150話速報②:躯倶留隊が到着

躯倶留隊(くくるたい)といわれる戦闘要員たちが真希の処理にあたります。

躯倶留隊隊長の禪院信朗は「殺すなよ、シメは俺がやる」と部下たちに伝えました。

躯倶留隊は術式を持たない男児だちが義務付けられている組織で、真希も中学時までは入隊していた部隊です。

躯倶留隊が真希を目視で確認し、呪具を2つ確認し、囲みます。

【呪術廻戦】ネタバレ150話速報③:囲まれた真希は禪院家を壊す

躯倶留隊に囲まれた真希は、真依のことを思い出します。

真依が過去に言った「なんで一緒に落ちぶれてくれなかったの?」という言葉に応えるように

きっとそれが 私たちの正解だったんだろうな

ごめん ごめんな真依

引用元:呪術廻戦 150話

といい、真依の「全部壊して」を思い出した瞬間、躯倶留隊禪院を殺害。

あとから登場した隊長の禪院信朗はその惨状を見て・・・

びっくらポンだぜ・・・

引用元:呪術廻戦 150話

【呪術廻戦】ネタバレ150話速報④:炳(へい)が登場

その時、大きな手が真希の下から突如出現します。

これは炳に所属する長寿郎の術式。

大きな手に挟まれる真希・・・。

炳とは準一級以上の実力がある者たちだけが所属する、最強の術師集団のこと。

甚壱、蘭太、長寿郎が戦闘に加わります。

長寿郎の術式を食らってもピンピンしている真希は、長寿郎と信朗の喉元を素手で引きちぎります。

その直後に大きな目が出現し真希の動きを止めます。(蘭太の術式)

動きを止められた真希目掛けて甚壱が駆け出すも、蘭太の術式では動きを止められません。

大きな目が破壊され蘭太を心配する甚壱。

しかし蘭太は

構うな!甚壱さん!

今の禪院家があるのは甚爾さんの気まぐれだ!

気づいているだろ!真希は今あの人と同じに成ったんだ!

今!ここで!殺るんだ!

引用元:呪術廻戦 150話

大きな手が複数空から降り注ぐ。

蘭太は目から血を流しながら「やりましたね、甚壱さん!」と笑みを浮かべながら息絶えます。

しかし、その横を通り過ぎるのは甚壱の生首を手に持つ真希・・・。

【呪術廻戦】ネタバレ150話速報⑤:直哉と対峙

甚壱の首を持ち蘭太の横を通り過ぎる真希。

そのまま甚壱の首を池に向かって放り投げます。

その横には「炳」筆頭の禪院直哉が。

非道いなぁ

人の心とかないんか?

引用元:呪術廻戦 150話

という直哉に対し、真希は「アイツが持っていってしまった」と直哉を睨みます・・・。

【呪術廻戦】最新ネタバレ150話考察

149話は双子の悲しい因果が切れてしまいましたね。

真依のために強くなろうとした真希の唯一の足かせが真依だったことがわかり、なんて皮肉なんだろうと悲しくなりました。

失うものは大きかったですが、待望の真希が覚醒!

手放しで喜べるわけではありませんでしたが、今後鍵になってくる真希の存在に期待です!

では、150話のネタバレ考察をしていきます♪

呪術廻戦ネタバレ150話考察予想➀:真希×禪院家

149話の最後では、真希は「真依、始めるよ」と言っていますよね。

予告では「禪院家との戦いは佳境へ」となっているので、まだ禪院家との争いは続きそうです。

扇は149話で頭を真っ二つにしましたので、残るは甚壱と直哉です。

この2人とは戦うのでしょうか?

真希の判断は・・・?

呪術廻戦ネタバレ150話考察予想②:真希VS甚壱は真希に軍配?

前回までは、伏黒VS甚壱になるかなと予想していたのですが、そうもいかなさそうですね。

甚壱も直哉も禪院家にいるわけですから、真希がスルーするとも思えません。

どちらも死んでしまっては、伏黒と伏黒父の関係性を知ることが難しくなってしまうので、存在感が薄そうな甚壱はここで敗れてしまうと予想します。

しかし、扇は正当防衛で仕方がないとしても、甚壱を殺してしまってはさすがに罪に問われますよね。

その辺はどうなるのか心配ではあります・・・。

呪術廻戦ネタバレ150話考察予想③:真希と直哉は戦いにならないのでは?

直哉はこの禪院家のお家騒動では生き残りそうだと予想します。

性格はクズ中のクズですが、脹相戦では一時脹相を圧倒するなど術師としてはかなり強いです。

いくら覚醒したとはいえ、手負いの真希が簡単に勝てる相手ではないでしょう。

それに、直哉は以前乙骨に毒を治療してもらう条件として虎杖の死刑執行を上層部に伝えていますよね。

ここで死んでしまってはその描写が何故必要だったのかよくわからなくなってしまうので、今回は投射呪法を利用して逃げるか、見逃してもらうのではないかと思います。

直哉は伏黒父とも面識がありますので、禪院家で伏黒父がどんな扱いだったのか知るためにも、まだ生きていてもらう必要はあると考えました。

真希が真依の「全部壊して」をどう捉えているかにもよるかもしれませんが・・・。

呪術廻戦ネタバレ150話考察予想④:真希と母親の関係はどうなる?

父親・扇は一瞬にして殺した真希ですが、母親との関係も気になりますよね。

母親は忌庫に向かう真希を止めようとしていた描写もありましたが「一度くらいは産んでもよかったと思わせて」と言っていました。

これが愛情の裏返しなのかどうかはあの描写だけでは読みにくいところです。

しかし、母親は呪術師ではないようですので、真希も殺しはしないのではないでしょうか。

母親は嫁入りで禪院家の一員になった可能性もあるので、「もう禪院家には二度と関わらない」という約束をして見逃すのではないかと予想します。

呪術廻戦ネタバレ150話考察予想⑤:狗巻棘の安否が明らかに?

最近の本誌パートでは、呪術高専2年生に焦点が当たっていますよね

パンダ→真希ときましたので、ずっと安否のわからない狗巻のパートになる可能性もあるのではないでしょうか。

狗巻は左手を切断されたという情報を残し、いまだ行方不明です。

親友である乙骨があまり狗巻を心配している様子がないので、乙骨あたりは安否がわかっているのではないかと思いますが・・・。

呪術廻戦0巻では、乙骨と狗巻は親友のような立ち位置でしたので、2人に焦点が当たると予想します。

【呪術廻戦】最新150話ネタバレ考察予想まとめ

呪術廻戦150話のネタバレ考察をまとめました!

思った以上に真希が禪院家を全破壊していて驚きました・・・。

死滅回游のために武器を取りに行っただけなのに・・・。

真希は虎杖達と合流するのは厳しくなってしまったのではないでしょうか?

そして、直哉との決着はどうなるのか?

来週も目が離せませんね。