呪術廻戦

【呪術廻戦】ネタバレ149話確定速報!真依との別れで真希が覚醒!

呪術廻戦149話ネタバレ

呪術廻戦149話のネタバレ確定速報をお届けします♪

149話で、真希と真依は双子であることで天与呪縛が不完全であったことが判明

真依が最期に構築術式で真希に武器を託しました。

死に至るキャラクターが最期に呪いを残していく呪術廻戦。

真依が最期に残した言葉は・・・。

149話のネタバレ速報と現在の確定情報、今後の考察についてご紹介します。

【呪術廻戦】最新ネタバレ149話確定!

呪術廻戦149話のネタバレ確定速報をお届けします♪

真希と父・扇との決着は?

真依はどうなる!?などを紹介!

【呪術廻戦】149話ネタバレ速報➀:父・扇に破れた真希

父・扇との死闘に敗れた真希。

扇は瀕死の真希と真依を引きずりながら嫌味を連発します。

自分は剣士ではなく術師。

それを分からず油断するなど言語道断だと言いました。

さらに

何度でも言うぞ

私が前当主になれなかったのはオマエ達のせいだ

引用:呪術廻戦 149話 

としつこくしつこく当主になれなかった恨みつらみを言い続けます。

どれだけ執着してるんですかねこのおっさん。

ここで直毘人の術式はまだ歴史が浅く、術師としては遅れをとっていなかったというわけです。

ファンブックで作者の芥見先生が「直毘人が当主になったのは単純に術師として強かったから」と断言しているのでこれは勘違いです。

扇は現実を見ましょう。

【呪術廻戦】149話ネタバレ速報②:瀕死の真希と真依が放り投げられた場所は・・・?

瀕死の真希と真依は、父・扇によってとある場所に放り投げられます。

そこは禪院家で訓練と懲罰に使われる部屋で、2級以下の呪霊が無数にいるところだそうです。

恐らく禪院甚爾がいじめられていたのもここでしょうね。

本当に禪院家はクソです。

扇がいるので、呪霊は柱の後ろに隠れていましたが、去ることで襲い掛かってくるだろうとのこと。

扇は真希の「天与呪縛のフィジカルギフテット」なんて術師ならみんな持ち合わせているもんなんだ、と捨て台詞を吐いて去っていきます。

さらば、我が人生の汚点

引用元:呪術廻戦 149話

まじで生きていることが汚点ですね。

最低です。

【呪術廻戦】149話ネタバレ速報③:真依と真希は生得領域へ

真依は起き上がり、真希の心臓が動いていることを確認しました。

さすが天与呪縛のフィジカルギフテット、身体の強さはピカイチですね。

「いつか、こうなるんじゃないかって思ってた。」と真依は真希にキスをして、2人は生得領域へ・・・。

恐らく双子なので、生得領域も同じということなのでしょう。

真希と真依は海辺に座っています。

真依は真希に「あの人に斬られた傷もあるし、これ作ったら私死ぬから」と残し、海へ入っていこうとします。

真希は戻ってこい、と言いますが、真依は真希に・・・。

何かを得るには何かを差し出さなければいけない

これは縛りだけの話じゃないわ

引用元:呪術廻戦 149話

一卵性双生児は呪術では同一人物としてみなされるため、真希がどれだけ強くなりたいと願っても、真依が強くなりたくないと思う気持ちで相殺されてしまう。

真希が術式を持っていなくても、真依が持っているなら天与呪縛は完璧ではない。

真依がいるだけで真希は一生半端モノだと言います。

真依はひとつの物を託し、「それ以外は全部捨てて」とも言いました。

真依の最期に残した言葉は・・・。

全部壊して

全部だからね お姉ちゃん

引用元:呪術廻戦 149話

【呪術廻戦】149話ネタバレ速報④:真依の構築術式で武器が完成。

真依は最期の力を振り絞って、真依と真希の呪力を使い、剣を残しました。

真依の為に運命に抗おうとした真希と、真希のために運命を受け入れた真依・・・。

双子の因果が悲しい結末となってしまいました。

真依が真希の呪力も持っていったため、真希は完全な「天与呪縛のフィジカルギフテット」となります。

目を覚ますと無数の呪霊たちが真希と真依の周りに群がっていますが・・・。

【呪術廻戦】149話ネタバレ速報⑤:真希が覚醒。

大きな音と共に、何かを感じる扇。

扇が感じた何かは「呪霊の消滅反応」です。

扇は”忘れようと努めていた恐怖”を思い出します。

視線の先には覚醒した真希の姿。

その真希に重ねるように、禪院甚爾の幻覚を見ます。

扇はとっさに術式を解放。

「焦眉之赳(しょうびのきゅう)」を発動しますが、一瞬にして真希に斬られてしまいました。 

【呪術廻戦】最新ネタバレ149話考察

呪術廻戦149話のネタバレを考察します。

真希と父との死闘の決着や、死滅回游の状況なども考察してみました。

呪術廻戦ネタバレ149話考察予想➀:真希と父との死闘の決着!

伏黒恵が当主になったことを利用し、禪院家は「伏黒恵・禪院真希・真依を誅殺する」計画を立てていましたね。

真希の父・扇は自らの娘を手に掛けるために忌庫(きこ)で待ち伏せしていました・・・。

148話の最後では父・扇に切られ膝をつく真希の姿が。

ですが、真希が使用した呪具は新しいものであり「呪具の効力を知られていない」とも言っているため、なにか仕掛けがあるのではと予想します。

それにしても、当主になれなかったのを子供たちのせいにするなんて最低最悪のオヤジですね。

直哉に「パッとしない」って言われていたので、ただ単に大したことなかっただけじゃないですかね。

呪術廻戦ネタバレ149話考察予想②:真依・真希の生死はどうなる?

真依は真希が到着した時点でもう瀕死の状態。

乙骨は死滅回游に参加し家入は恐らく御三家問題にはすぐに介入できないので反転術式は使えない可能性が・・・。

禪院(伏黒)甚爾は呪力がゼロになることを引き換えに驚異的な身体能力と研ぎ澄まされた五感を手にしていましたね。

呪力がないにも関わらず呪霊を見ることができ、呪力がないことを武器に戦っていました。

真希と真依は双子であり、その中でも1%ほどしか存在しないMMツインであることが明らかになりました。(148話の扉絵から)

MMツインは2人の赤ちゃんが1つの胎盤と絨毛膜、羊膜を共有している双子のことです。

普通の双子よりもより多くのものを共有してきたということがわかりますね。

真希が真依の呪力も共有していたのだとしたら・・・。

双子の繋がりが切れることで、呪力ゼロになり、伏黒パパのような状態になる可能性も?

キャラが死ぬことはあまり考えたくありませんが、もしかしたら真依を失うことで真希の能力が覚醒するのではと考えてしまいます・・・。

呪術廻戦ネタバレ149話考察予想③:伏黒の命が狙われる!?

禪院家の策略には「伏黒恵・禪院真希・真依の誅殺」で、対象には伏黒恵も含まれています。

扇は娘である真希・真依と戦っていますので、甚爾の兄である甚壱(未確定情報ですが、年齢的に恐らく兄)が、恵へ奇襲をかけてくるかもしれません。

甚壱にとって恵は甥っ子です。

ここで恵は渋谷事変で自殺した謎の男が自分の父だったと知るかもしれませんね。

さらに、伏黒は虎杖と共に秤と合流するために動いています。

そこで虎杖が死んでいなかったとバレてしまったら、乙骨に言われて「死刑執行」と上層部に伝えた直哉の立場も危うくなるかも・・・?

呪術廻戦ネタバレ149話考察予想④:秤との合流!

伏黒と虎杖は秤と合流するために動いています。

そろそろ秤と合流しても良い頃だと思いますので、合流した辺りに甚壱&直哉と対戦するかもしれません。

秤の戦闘シーンは楽しみですね!

呪術廻戦ネタバレ149話考察予想⑤:来栖華の動向が明らかに?

一方物語の鍵になっている来栖華の動向も謎のままですよね。

伏黒姉を救い出すためにも、死滅回游は他のストーリーと同時進行で動かなければいけないので、そろそろ動向も明らかになるのではないでしょうか。

色々なストーリーが同時進行で動いているので、頭を整理するのが大変そうです・・・。

【呪術廻戦】最新ネタバレ149話考察予想まとめ

呪術廻戦の最新ネタバレ考察をまとめました。

薄々気付いていたものの、本当に真依が死んでしまうと悲しくて仕方ありません・・・。

しかし、覚醒した真希はめちゃめちゃかっこよかったですね。

禪院甚爾のような力を手に入れた真希。

死滅回游では術式の持たない人間が鍵になってくるわけですから、今後に期待が高まりますね。