呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖の母親は縫い目のある女?父親の正体は?

呪術廻戦虎杖両親

今回は、呪術廻戦の主人公であり、両面宿儺の器でもある虎杖悠仁(いたどりゆうじ)母親父親についてご紹介します。

呪術廻戦の1話で虎杖の両親については軽く触れられただけでしたが、ついにその正体が明らかになりました。

虎杖の母親は、額に縫い目のある女性です。

呪術廻戦では、縫い目があるキャラクターが他にも登場しますが、実はそのキャラクター達と深い関わりがあります。

虎杖の母親父親の正体について詳しくご紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

【呪術廻戦】虎杖の母親は縫い目の女?


呪術廻戦の143話にて、虎杖悠仁(以降は悠仁)の両親についてついに明らかになりました。

回想シーンで、悠仁の祖父である虎杖倭助(いたどりわすけ)と赤ちゃんを抱きかかえる悠仁の父親の姿があります。

そこに登場したのが、悠仁の母親である額に縫い目のある女性でした。

呪術廻戦で縫い目と聞いて思い浮かぶのは、夏油(げとう)ですよね。

実は夏油(げとう)とは、深い関わり合いがあります。

正しくいうと縫い目のある夏油(偽夏油)は、他人の脳みそと入れ替わることで、肉体を転々とできるという術式を持つ羂索(けんじゃく)という存在です。

悠仁の母親も羂索に乗っ取られた1人だと考えます。

実は虎杖悠仁は、悠仁の父親が再婚した相手(縫い目の女)との出来た子供であり、前妻は香織という名前です。

その香織については、次にご紹介します。

縫い目の女と香織は別人?

引用元:呪術廻戦/集英社

悠仁の父親と前妻である香織は、子供に恵まれませんでした。

そして、ある出来事をきっかけに、悠仁の父親は香織と死別してしまいます

その後に妻として迎えられたのが、縫い目のある女性なのです。

先ほどの回想シーンで悠仁の祖父の倭助(わすけ)は、悠仁の父親に向かって「あの女だけはやめとけ 死ぬぞ」と注意を呼びかけます。

この回想シーンから、縫い目の女が香織を殺した後に、全くの別人として悠仁の父親に近づいたこと、または香織が亡くなった後に香織の体を乗っ取ったことを倭助は知っているのではないかという考察ができます。

私は後者の「香織の体を乗っ取った」説が正しいと考えています。

死別した香織のことが忘れられなかった虎杖の父親に香織と全く同じ姿をした縫い目の女が近づき、妻になる方がつじつまが合う気がします。

亡くなった妻と同じ姿をした人が近づいて来たら、少し怖い気もしますが、愛情が深いほど簡単に受け入れてしまうのでしょう。

また、倭助も「香織」と「あの女」で呼び方を変えていることから、これも別人、別人格の両方で捉えることが出来ます。

【呪術廻戦】虎杖の父親は?


これまで悠仁の母親についてご紹介してきましたが、次は父親についてご紹介していきます。

父親の名前は、虎杖仁(いたどりじん)という名前で、悠仁に顔がそっくりであり、仁が眼鏡を外せば、まんま悠仁ですね。

仁も縫い目と関係のある人物の1人として数えられています。

仁の額に縫い目がある描写は描かれていませんが、139話ではこんなシーンが出てきます。

脹相(ちょうそう)が悠仁に対し、「思い出せ、お前の父の額にも縫い目があったはずだ」と言っています。

脹相は羂索が乗っ取っている相手が男だけだと決めつけていたため、悠仁の父親に縫い目があると思い込んでいたのではないでしょうか。

まさか母親の方を乗っ取るとは思っておらず、「オマエの父の額にも縫い目があったはずだ」と言ったと捉えることが出来そうです。

【呪術廻戦】虎杖の家系が特殊?

引用元:呪術廻戦/集英社

虎杖家は特殊な家系なのでしょうか。

悠仁が両面宿儺の指を体内に取り込み、両面宿儺の器となっている時点で答えとしてはYESですね。

本来宿儺の指を取り込んで呪力を得ることが出来るのは、呪霊だけなので、両面宿儺の器となった悠仁は、特殊な体質であることが分かります。

また、脹相が虎杖のことを兄弟と考えていることから、羂索が関わっていることは間違いないです。

羂索は呪霊との間に子供を授かることが可能な女性を人体実験し、結果としてその女性は九回も妊娠、九度も堕胎(だたい)させられました。

堕胎した胎児の状態でも強い呪力を持っていたため、呪物として100年間封印されていて、それが特級呪物「呪胎九相図(じゅたいくそうず)」といわれるものです。

脹相はその特級呪物「呪胎九相図」の1番目の胎児であるため、兄弟というからには虎杖も同じように呪霊と人間のハーフということになります。

ということは、虎杖仁の元妻である香織が呪霊との子供を授かれる特殊体質であり、その体を乗っ取ることで、両面宿儺の呪力にも耐えうる悠仁のような頑丈な体が形成されたと考えてもおかしくないです。

それを決定づけるのが、133話で偽夏油(羂索)が虎杖に向かって言ったセリフ。

我ながら流石というべきか、宿儺の器タフだね

このセリフから虎杖は羂索によって作られた子供だということで間違いないでしょう。

まとめ

今回は、虎杖悠仁の母親である縫い目がある女父親について、解説しましたが、いかがだったでしょうか。

実は、1話で悠仁の祖父である倭助が亡くなる前に両親のことを悠仁に話そうとしていたことから、1話目で既に両親についての伏線が張られていました。

作者である芥見下々先生は初期の方から悠仁の両親にはどのような背景があるのか、構想が練られていたのでしょうか。

もし考えていたとしたら、すごいですね。

虎杖悠仁について、他にも解説している記事があるので、ぜひ読んでみてください。