僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ】エンデヴァーの個性と技を紹介!強さを検証!

ヒロアカエンデヴァー個性

人気漫画「僕のヒーローアカデミア」の中でも、人気のキャラ・エンデヴァー。

全身に炎を纏っており、いかにも強いオーラを醸し出しています。

NO2のプロヒーローとして活躍し、オールマイト引退後はNO1ヒーローに。

そんなエンデヴァーの個性や強さは?どんな技があるのか?

また轟焦凍の父親としても、作中では家族との関係や過去も多く描かれています。

今回は、「ヒロアカ」エンデヴァーの個性や技・強さについて、これまでの戦いを踏まえてご紹介!

【ヒロアカ】エンデヴァーとは?

エンデヴァーのプロフィール

  • 名前  轟炎司(とどろきえんじ)
  • ヒーロー名 エンデヴァー
  • 個性  ヘルフレイム
  • 所属  エンデヴァー事務所
  • 年齢  45
  • 誕生日 88

エンデヴァーは有名なプロヒーローであり、轟焦凍の実父。

迅速な対応と的確な判断で事件解決数は最多を誇り、警察やサイドキックからは厚い信頼を得ています。

そんな実力と実績を合わせ持つエンデヴァーですが、オールマイトの存在で長年No.2に留まっていました。

一見近寄りがたく万人受けはしませんが、ストイックな性格と戦いっぷりから熱狂的なファンは多数。

常にNO1を目指し努力し続けていたエンデヴァーですが、オールマイトを越えられないと痛感し、自分の個性を受け継ぐ子供にその夢を託します。

4人の子供の中でも、「半熱半冷」の個性を持つ焦凍を最高傑作と評価

幼少期から兄姉と離し、虐待に近い英才教育をしてきました。

そんな夫の暴走に精神を病んでしまった妻・冷(れい)。

現在も病院で療養生活を送っており、夫との面会は医師から止められています。

焦凍の成長やNO1になってからの心境の変化で、不器用ながらも家族に歩み寄ろうと努力するエンデヴァー。

そんな彼の姿に家族も気付き、関係は変化していきます。

オールマイトの引退後、ビルボードJP1位になったエンデヴァーですが、実質的にオールマイトを超えたわけではない為、強い虚無感に襲われます。

NO1ヒーローのあるべき姿について悩み、以前は敵対視していたオールマイトに相談するシーンも。

また、焦凍のこととなると周りが見えなくなる程の「親バカ」

焦凍にメールを既読スルーされて落ち込むなど、意外にかわいい一面も持っています。

【ヒロアカ】エンデヴァーの個性・技

エンデヴァーの個性は「ヘルフレイム」

炎系の能力の中でも、特に強力な個性です。

炎を放つ攻撃や、足から炎を出して浮遊することも可能。

ただし弱点として、能力を連続して使いすぎると体に熱がこもり、体への負荷が大きくなってしまいます。

そのため、以下の技も連発することは困難。

赫灼熱拳(かくしゃくねっけん)ジェットバーン

腕にためた炎を、勢いよく放出し攻撃する技。

ジェットバーンをくらったハイエンド脳無は、強く吹き飛ばされていきました。

赫灼熱拳ヘルスパイダー

指先から蜘蛛の糸のように炎を発射させる技。

ハイエンド脳無戦では、ヘルスパイダーで捕獲を試みますが交わされます。

倒壊しかけたビルの被害を避けるため、この技でビルを巻き付け、焼きき切って粉々にしていました。

プロミネンスバーン

プロミネンスバーンはエンデヴァーの必殺技。

体内に高温の熱を溜め込んだ後、体を大の字にして勢いよく放つ技。

一気に大量の炎熱を放つため、強い閃光と激しい衝撃が生じます。

この技をまともに受けたハイエンド脳無の体も、消し飛んでいましたが・・・。

首だけ切って投げることで回避・再生されてしまいます。

PLUS ULTRA プロミネンスバーン

プロミネンスバーンの出力最大限で放つ大技。

周囲を巻き込んでしまう威力があり、街中で使うことは困難。

そのため、ハイエンド戦ではホークスの能力で空高く上昇して使用。

本人曰く「大嫌いだった」という雄英高校の校訓「PLUS ULTRA」(=更に向こうへ)がついた技名。

がっちり捕獲した体勢で、口も炎で貫かれたハイエンド脳無。

この大技でついに決着がつきます。

【ヒロアカ】エンデヴァーの強さを検証!

長年NO2ヒーローだったエンデヴァーですが、その強さはどれくらい?

作中では主に、ホークスと共闘したハイエンド脳無戦、デクや爆轟達との死柄木戦が描かれています。

これらの戦歴と共に、エンデヴァーの強さがわかるかっこいい戦闘シーンをご紹介。

VSハイエンド脳無

ホークスの依頼で福岡を訪れたエンデヴァー。

2人は通常の脳無とは違いの強さを持つ、「ハイエンド脳無」に襲撃されます。

複数の個性と知性を持つハイエンド脳無に、苦戦するエンデヴァー。

必殺技「プロミネンスバーン」で勝利したかと思いきや、自らの首をちぎり再生。

エンデヴァーも十分な火力が出なくなるほど、消耗しますが・・・。

家族のことを回想し、強靭な精神力で奮起するエンデヴァー。

ホークスの援護もあり、最高出力のPLUS ULTRAプロミネンスバーン」でついに撃破!

死闘を繰り広げ満身創痍になりながらも、右手を掲げて立つエンデヴァー。

NO1ヒーロー」の勇姿は全国民だけでなく、焦凍や不仲だった家族達の心にも響いていました。

VS死柄木

ホークスが2重スパイとしての忍び込み、敵のアジトを割り出すことに成功。

蛇腔病院と群訝山荘を拠点に、ヒーローたちが集結します。

そんな中、死柄木の個性「崩壊」により街は荒地へと変貌していきます。

エンデヴァーは死柄木を発見し、先制攻撃。

炎の幕の様な「ヘルカーテイン」で動きを封じようとしますが、炎に触れ燃えたと同時に再生する死柄木。

そのまま、ワン・フォー・オールを求めデクの元へ向かいます。

イレイザーヘッドの能力で、一時的に個性が使えない状態になる死柄木。

そんな状態でエンデヴァーの「プロミネンスバーン」を受けるも、すぐさま再生

デク、爆轟も応戦し、共に死柄木を討つことを決意します。

空中戦に持ち込んだデクが、100%の攻撃を立て続けに連発!

トドメとばかりに、渾身のプロミネンスバーンを放つエンデヴァーですが・・・。

丸焦げになりながらもまだ生きている死柄木の強さは、とんでもないですね。

まとめ

今回は、「ヒロアカ」の現NO1ヒーロー・エンデヴァーについて解説しました!

父親としては行き過ぎた面もあったエンデヴァーですが、ヒーローとしての高みを目指す姿はかっこいいですよね。

その強さと共に、徐々に明かになるこれまでの葛藤や家族への想い。

今後、エンデヴァーはどんな活躍を見せてくれるのか?!

轟一家の関係はどう変化してくのかも気になるところ。

「ヒロアカ」の展開とともに目が離せません!