ホラー

ドクタースリープは年齢制限あり?前作シャイニングも年齢制限はあったのか?

『ドクタースリープ』は前作『シャイニング』からおよそ40年ぶりの『直接的な』続編になります。

『シャイニング』は映画史に残る恐ろしい映画として有名です。

この続編である新作ドクタースリーブの解説と、映倫の年齢制限(レイティング)についてまとめました。

ドクタースリープは年齢制限はある?

出典 youtoube.com

原作はスティーブン・キング。近年「IT」がヒットを飛ばしましたが、およそ40年前になる前作『シャイニング』も原作を彼が手掛けました。

実質40年にわたってトップのベストセラー作家です。

残酷描写で知られる(というか、嫌な描写で知られる)作家としても有名なキング作品ですが、今回の映画化に辺り年齢制限はPG-12指定で公開を決定しました。

なお、今回『ドクタースリープ』を監督するマイク・フラナガン氏も過去、R15指定作品『オキュラス/怨霊鏡』を製作しています。
残酷描写は得意とするタイプの監督と言えるでしょう。

実際、鑑賞者からも残酷描写は年齢制限の範囲なりに過激だったと声が上がっています。

その面は抜かりなさそうですね。

PG12とは?

出典:www.eirin.jp

今回のレイティングであるPG12は『12歳以下は鑑賞に保護者の同意を推薦する』という規制です。

日本の映倫の規制には他にR15、R18指定があり、こちらは指定の年齢以下は鑑賞が『禁止』とされています。

特に残酷描写、暴力描写が強いものにR15、性的描写が強いものにR18指定が付けられるものが多く、PG12指定の表現はマイルドな方だと言えるでしょう。

同様の規制がアメリカにもPG-13、R、NC-17などがあります。

アメリカでは17歳未満は保護者同伴が必要である「R」指定で公開されました。

……日本のほうが緩いですね……。

PG12は保護者の『同意』が推薦されるレイティング。
禁止でなく推薦です

前作のシャイニングも年齢制限はあった?

出典:https://www.cinemacafe.net/article/2019/12/03/64748.html

前作シャイニングは現在R15指定です。

R-15は15歳未満視聴『禁止』であります。

R15作品ですが、レンタルビデオ時代は規制が緩くうっかり見てしまったアラサー、アラフォーの方も居るのでは?(筆者は中学生時代に……)

グロ描写はほとんど無い映画なのですが、精神的にジワジワくる怖さ、狂っていく父ジャック・ニコルソンの怪演ぶりにトラウマムービーとしても名高い名作です。

ドクタースリープと合わせて(15歳以上は)見ておきたいところ。

前作をおさらいすると、

ジャック・トランスはアルコールの問題を抱えた小説家志望。
収入が乏しく執筆に打ち込める環境も欲していた彼、はホテルの冬季管理人の仕事を引き受け、家族全員で冬の間泊まり込むことに。

「かがやき(シャイニング)」という力を持った彼の息子、ダニーはこのホテルで何者かの霊を目撃します。

実はこのホテルは前任者が家族を惨殺した末自らも命を絶った呪いのホテルだった。

霊現象に心身を蝕まれ、またアルコールの問題も悪化の一途を辿り狂っていくジャックは、遂に自分の家族を手に掛けようと襲いかかる。

果たしてウェンディとダニーの母子は彼から逃れることはできるのか――

……という、今ではサイコホラーの金字塔とされる作品です。

しかし、全面的にサイコホラー色を強めたことによって『呪われたホテル』という素材が薄れ、原作者と監督が喧嘩したのも有名な話。

また原作者のキング自身アルコール依存症の経験があることから、この問題はドクタースリープでも繰り返し持ち出されることになります。

ドクタースリープは子供に見せても大丈夫?

出典 youtube.com

ドクタースリープは前作であまり語られなかった少年ダニーの『かがやき』という能力を前面に押し出した作品となります。

中年になったダニーは『かがやき』という能力によって人を救い、また新たなる敵との戦いが描かれます。

R指定の前作の舞台やキャラクターをそのまま使った続編ですが、最近のトレンドを踏まえて『今作から』楽しめる作りになっているという声は多く、安心して楽しめます。

子供に見せていいかというと、これは親御さんのご判断となりますが、残酷レベルでは「saw(R15指定)」や「ハンニバル(R15指定)」のレベルは当然下回ります、この点でもご安心を。

前作が心理的にキツかった反面、ドクタースリープは後半エンタメ性が強く、初心者向きかと思います。

むしろ、家族で見るには前半の間延びしたダニーのアルコール依存などの現実的な問題描写が子どもに分かりにくく退屈に感じるかもしれません。

まとめ

前作シャイニングを見ていなくても楽しめる点では、今回初めてスティーブン・キングやホラー映画作品に触れる人には向いています。

ファミリーで見るにはホラー映画作品である手前、「明るさ」「楽しさ」はそれなりに目減りしますが、「暗さ」「過激さ」というホラーならではの映画体験に浸れます。

案外、子供は怖かったりグロかったりするものは好きなのは昔から変わらないものです。

親としてはその都度、お話である旨解説は必要ですし、小学校低〜中学年に見せるのはさすがにオススメしません。

しかし、割と安全なドクタースリープですが、子供がR指定の『シャイニング』に興味を持ってしまう危険性が……。