デジタルイラスト

デジ絵初心者にiPadがおすすめな理由とは?

今回は初心者の方がデジ絵を始めるにあたり、iPadがおすすめな理由についてまとめていきます。

デジ絵とは、デジタルペインティング。

電子機器を用いて描く絵のことです。

アナログで描くイラストと比べると、イラストを量産できてデータで共有しやすく、また修正や加工なども手軽に行えるなどの違いがあります。

デジタルだと、準備や片付けの手間なしにお絵描きが楽しめるのが魅力ですよね。

インターネットで見かけるイラストや、よく行くお店のロゴマークなど、デジタルに描かれた絵は日常生活のあちこちで見かけますね。

インスタグラムなどのSNSを見ていても、デジ絵で描かれたイラストをよく見かけるようになってきました。

実はデジ絵って、意外と簡単に始められるんですよ!

そんなデジ絵を描くにも何通りか方法があるようですが、今回は身近な電子機器iPadでデジ絵を描くメリットやデメリットをご紹介します。

デジ絵で初心者にiPadがおすすめな理由

デジ絵を描くには、iPadのほかに

  • パソコンとペンタブレットを使う
  • パソコンと液晶タブレットを使う

などの方法がありますが、初心者の方のデジ絵デビューにiPadがおすすめの理由をまとめていきますね!

持ち運びができる!

iPadはiPhoneの大きい番っていう形をしていますよね。

モノにもよると思いますが、私が使用しているiPadはiPhoneを3つ並べたくらいの大きさなので、かばんに入れて簡単に持ち運べます。

もちろん充電式ですので、自宅で充電しておけば充電コードを持ち運ぶ必要がないので、気軽に持ち運べて、どこでも描き始められるのが大きなポイント!

たとえば旅行に持っていき、旅先でその時の出来事や気持ちをささっとイラストにできたりしたらとっても素敵な記念になりますね!

価格的に手を出しやすい

iPad以外のツールを使ってデジ絵にチャレンジする場合、

  • パソコン+ペンタブレットを使用
  • パソコン+液晶タブレットを使用

といったように、揃える機械が多くなってきます。

iPadは本体を入手してしまえばすぐに描き始められるので、自宅にPC環境がない方やPCに慣れていない方にとってもおすすめです!

無料のデジ絵アプリでも十分にイラストを描くことができるので、そこも初めてのかたにチャレンジしやすいポイントかもしれません。

スマホと操作方法がほぼ一緒

iPadの操作方法は、iPhoneとほぼほぼ一緒でとてもシンプルなので、PCなど苦手な方も簡単に操作できると思います♪

iPhoneで使い慣れてるアプリをiPadにインストールすれば、同じアプリをiPadの大画面で楽しむ事ができます。

画面が大きいので、電子書籍もとても見やすいですよ♪

私はiPhonの無料アプリでお絵描きの楽しさを知ったのをきっかけに、iPadで絵を描くようになりました!

画面を回転させて描くことができる

アナログで紙に絵を描いてるときにも、紙の向きを逆さまにして描きたいときがあるかと思います。

持ち運びしやすく、軽いiPadはiPad自体の向きを変えるのも簡単ですし、アプリによっては画面上で向きを変えることもできます!

拡大したいときなども、馴染みのある操作で瞬時に拡大・縮小できるのでとても作業しやすいと思います♪

カメラと一体型なので画像の取り込みがスムーズ

iPadにはカメラがついているので、撮影した写真を使ったイラスト加工をする際に、写真を取り込むのがとってもスムーズです!

  • 撮った写真を切り取って自分の描いた絵と合成させたり、
  • 写真をもとに人物の線画イラストを描いたり
  • 写真に直接コメントを書き込んだり

断然iPadがおすすめです!

手書きで直接メッセージを書き込むことで、より温かみを感じられますよね♪

デジ絵初心者がiPadを選ぶデメリットはある?

デジ絵初心者の方にiPadがおすすめな理由はたくさんありますが、見方を変えるとデメリットもいくつか出てきます。

ペンを用意する必要がある

iPadはスマートフォンやタブレットと同じように自分の指先で操作できるので、もちろん自分の指先で絵を描くことができます。

ですが、せっかくiPadで絵を描くとなると、より細かいところまで丁寧に描きたいですよね。

ずっと指で画面タッチしてると、摩擦で指先が変な感じになってくることも。

それを防ぐためにも別売のペンシルが必要になってきます!

良いものを買おうとすると価格がそれなりにしてきますので、iPadの値段+ペンシルの値段で予算を見ておいたほうがよさそうです。

ペンシルは充電が必要

iPadに使用するペンシルは、コードレスなので充電が必要です!

iPad本体は充電しながらでも操作できますが、ペンシルは充電中は一切使えなくなってしまうので、「いざ描くぞ!!」ってときに充電が切れていたらストレスになってしまいますね。

充電するのを忘れがちな方にはちょっと不向きかもしれません。

ただ、ペンシルにもよりますが私が愛用しているアップルペンシルは

15秒の充電だけでも30分ほど使えるようになります!

充電忘れがちな私ですが、開始前の15秒我慢すれば使えるようになるので、そこまで苦には感じません!

ペンシルの充電スタンドも販売されているので、うまく利用できたら快適にお絵かきできますね♪

キャンバスの大きさに限界がある

iPadでのデジ絵は、大きなキャンバスに絵を描きたいという方には不向きです。

iPadに向いているのは、A4サイズ程度のイラストと言われています。

それ以上の大きさの絵を描きたい方は、他の方法を選ばれたほうがいいかもしれません。

用意するタブレット次第で価格が高くなる

自宅にPC環境が整っている方がデジ絵にチャレンジする場合、買い足すタブレットの種類によっては、iPadを購入するよりも高くつく可能性があります。

ご自宅にPC環境が整っていて、デジ絵を始めるにあたり金銭的なことを優先される方は、他の方法での予算をチェックした方がいいかもしれません。

目が疲れる

どんなデバイスを使用してても共通して言えることですが、長時間画面を見つめていると目が疲れてしまい、視力低下や頭痛にも繋がります。

iPadは持ち運びが可能なその手軽さから、ついあちこち移動しながら長時間作業してしまいがちです。

  • 作業時間を決める
  • ブルーライトカットで目に優しい画面シールを貼る
  • 目薬などで目を労り休息させる

など、大事な目へのフォローも忘れないでくださいね!

デジ絵におすすめのiPad

いざデジ絵を描くためにiPadを買おう!と思っても、その種類の多さに悩んでしまう方も多いと思います。

大まかに分けても4種類ほどあるなかで、デジ絵を描くのにおすすめなのはどのiPadなのか見ていきたいと思います♪

iPad

値段的にも1番手の出しやすいのがこちらのiPadです!

iPadの発売された年によって”〇〇世代”と区別されているので、さらに種類多く感じてしまうと思いますが

2010年に発売されたiPad第1世代〜2020年に発売されたiPad第8世代までの8種類が存在します。

世代の数字が大きくなるほど、最新ということになります!

最新の第8世代のiPadの大きさは250㎜×174.1㎜、重さは490gです。

 

値段がやさしい分、他のiPadに比べて怠る点があるわけですが、デジ絵を描くにあたり影響してくるのは、フルラミネーションディスプレイに対応していないことです。

フルラミネーションディスプレイとは、液晶が表面のガラスとほぼ一体になっていることです。

液晶とガラスの間に距離があればあるほど、デジ絵を描くときに誤差が生じてしまうので繊細なイラストを描きたい方には致命的な欠点となりますね。

iPadのなかでは1番低スペックですが、初心者の方がデジ絵デビューするのには手が出しやすくてちょうど良いと思います!

iPad第8世代の値段

  • 32GB 34,800円〜
  • 128GB 44,800円〜

 

私はiPadの第7世代を使用しています!

フルラミネーションディスプレイに対応していない点も、今のところ繊細なイラストは描いていないのでとくに気にならず、初心者が趣味程度に描くうえではさほど問題ないかと思います。

今後やり込んでくうちに高性能なiPadが欲しくなったらそれを買い替えのチャンスとしようと思います!

iPad mini

iPad miniは2012年のiPad mini第1世代から2019年のiPad mini5までの5種類の機種があります。

最新のiPadmini5の大きさは203.5㎜×134.8㎜。重さは約308gです。

miniってだけありその大きさはほかのiPadに比べてコンパクトなので、より持ち運びやすいようになっています。

その分画面が小さいので、イラストを描くのには不向きで、漫画や本を読むなどの趣味活動に向いてるかと思います!

1番安いiPadに比べると高性能ですが、そのコンパクトな大きさから、iPhoneとiPadの中間的存在になっています。

iPadmini5の値段

  • 64GB 45,800円〜
  • 256GB 62,800円〜

 

iPad Air

iPad Airは2013年に発売されたiPad Air第1世代から2020年のiPad Air第4世代までの4種類の機種があります。

  • 大きさ:247.6㎜×178.5㎜
  • 重さ:約460g

iPadの中で1番高性能なiPadProに比べると、かなりのお手頃価格に感じます!

iPadとiPadProの中間的存在なので、趣味でデジ絵を描きたくて、予算に少し余裕があるようでしたらフルラミネーションディスプレイ対応のiPadAirがおすすめです。

iPadAir第4世代の値段

  • 64GB 62,800円〜
  • 256GB 79,800円〜

 

iPad Pro

iPadProは、2015年のiPad12.9インチ第1世代から、2020年のiPadPro11インチ第2世代、iPadPro12.9インチ第4世代までの8種類の機種があります。

【12.9インチの第4世代】

  • 280㎜×214.9㎜、約643g

【11インチの第2世代】

  • 247㎜×178.5㎜、約473g

 

iPadProは世代だけでなく、画面の大きさでも種類が分かれるようになっています。

名前に”プロ”と書いてあるように、本当にプロのクリエイターさんが使っているiPadです!

iPadとしてもパソコンとしても使えて高機能!動画編集もできちゃいます。

デジ絵ももちろん描けますが、趣味でデジ絵を描きたいだけの人にとっては使いこなせない機能がたくさんありそうなので、

イラストをお仕事にしなければ、iPadProを選ぶ必要はないかと思います。

iPadPro12.9インチ第4世代の値段

  • 128Gb 104,800円〜
  • 256GB 115,800円〜
  • 512GB 137,800円〜
  • 1TB 159,800円〜

iPadPro11インチ第2世代の値段

  • 128GB 84,800円〜
  • 256GB 95,800円〜
  • 512GB 117,800円〜
  • 1TB 139,800円〜

実際にiPadで書いたデジ絵を紹介

このイラストは、iPadで撮影した写真をなぞって線画風にアレンジしたイラストです!

日常の何気ない1枚の写真ですが、こうやってあえてイラストにすることで温かみが増し思い出になりますよね!すこしオシャレ感も出るような、、?

デジ絵なので、専用のサイトやアプリでこのデータを使ってオリジナルグッツを作れたりもするんですよ!

自分のイラストがグッツ化できるのってすごくわくわくしますよね♪

結婚式や、お誕生日など特別な日の写真をイラストにしてプレゼントしたらきっと喜んでもらえるはずです♪

色も簡単に塗ることができ、温かみが増しますね。

そして、今回この記事に載せているイラストや文字入りの画像は、すべて私のiPad第7世代で描いたデジ絵たちです!

趣味で始めたものなので、クオリティの低さが目立ちますが、デジ絵の楽しさに目覚めてしまったのでこれから上達できるようにたくさん練習していこうと思います。

 

インスタグラムやツイッターで”デジ絵”と検索すると、素敵なデジ絵がたくさん出てきますよ。

本物そっくりの似顔絵!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hankoyanagomiがシェアした投稿

ツイッターでは「デジ絵 iPad」で検索すると、iPadで描かれたデジ絵がたくさん出てきました!

どの絵も本当に素敵ですね♪

まとめ

デジ絵を描くのにiPadがおすすめな理由についてまとめてきました。

デジタルに描く絵だと、ワンタッチで色々なペンに切り替えることができ、いろんなタッチで楽しめるのに用意や片付け、その場が汚れたりもせず気軽に絵を楽しめます。

今まで絵を描く環境になかった人も、簡単に絵をスタートできますよ。

デジ絵を入れた投稿で、インスタグラムのフィード投稿をおしゃれにしたり、自分で描いたイラストデータでスマホケースなどのグッツを作ったり、ラインスタンプや着せ替えも作れる。

デジ絵の可能性は無限大ですね♪